■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋の臨時国会に向けて 「肝炎対策」は?
キッズプラザ・よみうりテレビ 28日、「ウイルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会」(略称:肝炎連絡会)幹事会が東京で開催されました。
 参加された東京の療友からメールをいただきました。
 検討されたことの第一は、秋の臨時国会での「肝炎対策論議」。民主党は、臨時国会に向けて肝炎対策を法制化することを検討されているとのことです。8月31日には、「B型・C型肝炎総合対策推進本部」が開催されます。
 350万肝炎患者への医療費助成などの支援策のゆくえ、薬害肝炎訴訟の早期解決の運動の行方と併せて、民主党を初めとする各党内での肝炎対策プロジェクトチームの動きに注目していかなければなりません。
 また、患者会には集団予防接種によるB型肝炎感染問題でも、追加提訴の検討について相談が寄せられています。「肝炎連絡会」では、このことも議題になったようです。詳細がわかれば後日お知らせしたいと思います。


北野病院 「がん診療連携相談支援センター」入り口情報閲覧室相談室5階のプラナホール 28日、大阪市北区の北野病院で「がん診療連携相談支援センター」開所に先駆けて、内覧会が開催されました。「大阪がん医療の向上をめざす会」のメンバーと見学してきました。私は18時に病院に到着、内覧会に何とか間に合いました。5階のプラナホールの横にあり、隣接して職員専用図書室や連携医療機関(開業医など)の研修室も設置されています。
 支援センターは、情報室(書籍やパソコン:インターネット閲覧用)、事務室(スタッフルーム)、相談室からなっていました。スタッフは、がん相談支援担当看護師、在宅支援担当 看護師、緩和ケア担当看護師、ソーシャルワーカー(医療相談員)がん登録担当からなっています。
 まだまだ準備中で情報量などは少なく患者さんに満足していただく努力を続けますと案内して下さった看護師さんはおっしゃっておられました。
 北野病院の広報誌「きたの通信no.21」の表紙に、「がん診療連携支援センター開設しました」が掲載され、山岡義生院長が「『がんの事なら何でもご相談下さい』 北野病院では患者様が“がん”に真正面から立ち向かうために、サポート隊を結成しました。ご遠慮なくご相談下さい」と呼びかけておられます。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:32:23 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
患者の声を 総理官邸と厚生大臣に常に届けていかなければ
小さな事ですが 制度や助成に東京都、長野県だけではなく
日本全国の患者に 同じく平等でなければおかしいです
患者は 生活と安心を受ける権利があります
1人1人の声を届けましょう。
2007-08-31 金 22:54:17 | URL | すずめ [編集]
民主党にも届けます
 すずめさん、コメントをありがとうございます。
 民主党も肝炎対策の法案化に向け、具体的に動き出そうとしています。患者の皆さんの声を届けに行きます。裁判の当事者だけの声だけではなく、もっと「患者一般の声」も大事にしてほしいと。
2007-09-02 日 09:19:10 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。