■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原爆症認定訴訟 取り下げも検討
扇町公園 30日、自民党厚生労働部会の「原爆被爆者対策に関する小委員会」は、「原爆に特有な典型症例を発病していれば、格段の反証なき限り認める」ことなどを盛り込んだ提言をまとめました。
 また同委員会は、原爆認定訴訟についても取り下げを求めています。

 また桝添厚労相も、30日広島で年内をめどに認定基準の見直しを行う意向を明らかにしました。

 東京新聞(07/08/30付) ----------------------
 原爆症認定基準の見直しについて、舛添要一厚生労働相は30日、訪問先の広島市内で記者団に「原爆症で苦しんでいる方々に非合理的な差がある。与党と連携を取りながら年末ぐらいまでには検討したい」と述べ、年内をめどに基準を見直す意向を明らかにした。
----------------------------



 原爆症、理不尽な基準で戦後60年以上苦しんでいる被爆者に、ヤット光が見えてきました。

 薬害肝炎訴訟の早期解決の糸口になればと思います。

■民主党との懇談に向けて
 30日、日本肝臓病患者団体協議会を民主党の山井議員が訪問されました。8月上旬、民主党「B型・C型肝炎総合対策推進本部」に対して、秋の臨時国会での「肝炎対策の立法化」にあたって肝炎患者団体の意見も聞いてほしい。懇談を持ってほしいと要請書を届けていたことに対するお返事で、わさわさ訪問していただいたそうです。
 本当にご苦労さまで、感謝、感謝です。懇談会の開催も期待できそうです。

■がん患者会支援チャリティイベント 医と笑いのコラボレーション2~一緒に笑ってがんに勝つ!~
 30日午後、なんばグランド花月で9月23日開催される上記イベントで主催団体の一つである「関西がん患者団体ネットワーク」の打ち合わせ会が行われました。
 チケット販売状況は、500枚あまり。席の余裕は200席。どうぞ、楽しくご観覧ください。チケットの申し込みは、
 ・リリーチャリティ事務局
  TEL:06-6348-1726(平日 10-18時)
   ※土日祝は休みます。
   ※住所、氏名、電話番号、チケット枚数を明記の上、FAXにてお申し込みください。
   ※チケットは1申込につき、5枚までのお申込とさせていただきます。
   FAX:06-6348-1375(申し込み専用ファックス)


 このイベントの詳細は、下記サイトをご覧ください。
"笑い"をテーマとした、がん患者会支援チャリティイベント 医と笑いのコラボレーション2~一緒に笑ってがんに勝つ!~ 9月23日(日・祝)、「がん征圧月間」に開催
   2007年8月6日:プレス発表資料



 
スポンサーサイト
ニュース | 23:14:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。