■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「薬事行政の被害者」と法治国家 桝添大臣の見識?
むくげ 桝添新大臣の最初の定例記者会見が先月28日にありました。
 肝炎などに関係するところを抜粋します。

(記者)
 総理の方から直接指示があった話ですが、原爆症の認定基準の見直しについて今後どのように取り組むお考えでしょうか。
(大臣)
 8月5日でしたか、6日を含めて総理からそういう指示がありました。これは専門家による検討会を設ける。国が敗訴した場合もある勝訴した場合もある。そういう中で、問題が司法の場で裁かれているわけですから。
 司法の場にあまり行政が介入することはいけませんから、それはそれで静かに見守りながら、総理の指示もありますので、司法の場での決着は決着として、他に国の立場で何かできないだろうか、これを検討してみたいと思います。これも少し時間を頂戴して細かく私自身も判決文の研究をしてみたいと思います。
(記者)
 同様かもしれませんが、薬害肝炎訴訟の関連ですが、今後の患者救済の在り方も一つのテーマになっていますが、これはどのようにお考えでしょうか。またその時期に関してはいつ頃を考えていらっしゃいますか。
(大臣)
 私も少し調べてみて、B型、C型肝炎とあって、B型でも100万から150万人くらい、C型だと200万~250万人くらい患者さんがおられるようなことであります。それから何がもとでこういうが起こったんだというと、血液製剤の問題で。だからこれが、どこまで国の責任があるのかについてはこれもまた司法の場で裁かれているわけですから、これはこれで見守っていきたいというふうに思います。
 それで、一つは何とかこれを治療することはできないのかということで、これは研究者の方が一生懸命おやりになっていると思います。
 与党とも協議をしながら、何か手があるのか、少し時間をいただいて何か助ける手だてが行政の方でできるのかどうか、訴訟とは別に考えたいと思っております。
 少し時間をいただいて専門家の意見も聴取して上で、今出ている判決文も研究する時間をいただければと思います。


(記者)
 原爆症と肝炎の訴訟問題の話なんですが、総理から直接指示が前の大臣にあったのですが、今回就任されるにあたって、このことについて安倍総理から指示なり、なんなりがあったのでしょうか。
(大臣)
 いえいえ、その点は特別大きな指示はごさいません。こういうことはしっかり検討するようにという程度であります。
(記者)
 こういうことっていうのは、訴訟問題に。
(大臣)
 訴訟問題はしっかり検討しましょうというで。こうしなさい、ああしないといった具体的にどういう手を打て、ということはありません。

(記者)
 原告の方がたは大臣にこれまで面会を求めてきたんですが、訴訟中ということで、大臣は拒否されてきたのですが、舛添大臣としてはどうお考えでしょうか。
(大臣)
 そこもまだもう少し時間を賜りたい。私自身がまだ判決文をしっかり読む時間もないし、それから、基本的には、訴訟をやっている時ですから、行政の長が外で、訴訟外のところで話せばいろんなことになりますから、司法の場に介入することになりますので。
 司法がこう判断しようとしている時に、原告団と被告が別のとこで話し合うというのは、法治国家としていかがかなということで、そういうところも踏まえて検討したい。

 ------------------------
 もう待てない肝炎患者、肝がんや肝不全で毎年4万5千人。毎日120人以上亡くなっているのです。
 是非判決文もよく読んでいただいて、国に責任がある事を自覚し、厚労省の官僚を指導して欲しいのです。
スポンサーサイト


テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎訴訟 | 23:59:59 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
歯切れが悪いですね。
2007-09-04 火 21:24:54 | URL | クー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。