■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
がん診療連携と患者相談支援と患者サロン
がん診療連携相談支援センターを開設した北野病院 3日午後、大阪府がん対策推進協議会・第2回医療部会が開催されました。公開されたので近隣県も含め多くのがん患者会の方も傍聴されていました。
 この日は、最初に「地域で取り組む緩和ケア」(講師:(財)田附興風会医学研究所北野病院 阿部まゆみさん)の講演がありました。テーマは、緩和ケアの地域での普及の課題。
 そのあと、前回指摘されたことについて、事務局(府)から資料が出され、説明がありました。
 ・府内がん診療連携拠点病院の現状(国の調査から)
 ・大阪府におけるがん患者の化学療法・放射線治療の実施割合(がん登録事業から)
 ・がん告知の現状に関して(国の調査資料など)
 ・がん患者相談に関する資料

 この資料抵抗については、私も委員として求めたものでしたが、がん診療連携拠点病院の現状についてわかりやすい資料ではありませんでした。


 その他資料として、7月に行われた対府民向け「がん対策推進のための意見募集」についてその概要が資料として提出されました。
 ・寄せられた意見は126通
 ・意見を寄せられた年代は、40歳代が最も多く、50、60歳代と続く
 ・意見を寄せられた方のがんとの関わりは、がん患者の家族35、がん患者25、医療従事者8、他
 ・意見のテーマ別の件数では、早期発見29、予防23、医療従事者の養成や配置等14、緩和ケア11、相談支援など10、医療機関10、治療9・・・・


 そのあと、各委員から提出された意見書の説明が行われました。幾人かの委員(医師・看護師)から、患者相談支援やがん患者サロン、ピアカウンセリングの必要性について触れられていました。
 次回の会議からまとめの段階(府の計画づくりの準備)が始まります。
 がん関連患者会のお世話係としては、「がん患者相談支援センター」の活動内容の充実と「がん患者サロン」の実現に向けてのアクションを考えなければなりません。「大阪がん医療の向上をめざす会」の傍聴者等で、会議終了後、会場のロビーをお借りし、短時間打ち合わせや意見交換を行いました。

  
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:59:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad