■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
来年度の医療は厳しい 肝炎対策は
読売新聞07/09/05付1面「元気をつくる 病を超えて」 厚生労働省は、28日に公表した来年度予算概算要求で、年金や医療などの社会保障関係費は08年度、高齢化の進展に伴って7500億円の伸びが見込まれているが、概算要求基準(シーリング)に基づき、2200億円圧縮した形で要求したと報道されています。

 保険医団体連合会夏期研修での講演内容を、開業医さんがブログで紹介しています。
 「元厚生省幹部の講演:来年も医療は厳しいぞ!」
(「元気に明るく生きて行ける社会のために、医者のホンネを綴りたい Doctors Blog 医師が発信するブログサイト」から。
 講師は、元厚生省老健局長で、現在、大阪大学教授の堤修三氏。

 参議院選挙前の講演です。参議院で民主党が多数となったために、財務省の思惑通りに行かない部分もあるかもしれませんが、「肝炎患者への医療費助成」の財源が心配です。


 写真:07/09/05付読売新聞 「元気をつくる 病を超えて スポーツが人生の支え」 カード会社のテレビコマーシャルで3年間登場した「大車輪」のおじいさんもC型肝炎でした。
 今でも近所の子ども達からスーパーおじいさんと呼ばれています。
 朝5時に起きて腕立て伏せ50回。お昼には近所の山歩き1時間半。夕方には小学校の鉄棒で大車輪を20回回るそうです。現在71歳。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:40:37 | Trackback(2) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

人口減少時代の社会保障改革
特別会計 ...・必要保障額の求め方・年 2007-09-12 Wed 15:55:01 | 社会への思い
社会保障の光と陰
人身事故 ...・社会 一時金・社会 療養費・きもいテンション就職・SICKOを観て・・・「この道 進入禁止!」・・・そ 2007-09-18 Tue 07:37:03 | 社会への思い

FC2Ad