■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
418名分の『症例一覧表』の存在
大阪地裁期日後の報告集会(大阪弁護士会館) 7日午前、仙台地裁で薬害肝炎訴訟の判決が言い渡されました。
 国の責任を認めない。製薬会社の責任も1人だけ認めるという不当な判決です。
 毎日新聞報道ウェブキャッシュ魚拓利用)
 仙台地裁判決で原告弁護団の声明
 記者会見

 同日午後には、大阪地裁で第2陣の本人尋問が始まりました。この日は原告番号15番さん・18番さん。お産の後の大量出血でフィブリノゲンを投与(3g、1g)され、急性肝炎の後、闘病が続き、子育てができなくなったことや保育士や美容師の仕事を断念せざるをえなくなった状況など、C型肝炎で人生を奪われた状況を証言されました。


07/09/07ニュースjapan テレビ画面から ▼ その後の報告集会は、午前に行われた仙台地裁判決後の報告集会の様子(山西弁護士の説明)の映像の上映から始まりました。

▼ また今井弁護士から、「被告の三菱ウェルファーマが、医療機関から血液製剤を投与した時期や肝炎発症の時期、症状などの報告を受けた同社が、2002年に厚生労働省へ提出した匿名で作成した418人分の『症例一覧表』に、係争中の原告46人のうち女性1人に該当する記載があったとし、この女性について、これまで否認してきた投与の事実や肝炎発症との因果関係を一転して認めた」琴の報告がありました。同社が保有する関連資料には、418名分の氏名や住所なども記載されている可能性が高く、個人情報保護法を活用し、情報開示を求める手段もあることが説明されました。
 薬害肝炎訴訟全国弁護団「三菱ウェルファーマ(株)保有の感染情報の問い合わせについて」

桝添大臣 ニュースジャパンで
 昨日のフジテレビ系「ニュースJpan」に桝添大臣が出演され、
「裁判についても過去の判決を読んで、対応を検討したい」
「裁判とは別に、C型肝炎で苦しんでいる方が目の前におられ
るので、その救済も早急に検討したい。」と発言されていました。

▼今後の取り組みが「肝炎患者への恒久対策」実現へ
 仙台地裁判決は、C型肝炎被害の重大性を無視した不当な判決です。これまでの大阪・福岡・東京・名古屋の国と企業を断罪した4地裁の判決を力に、早期の裁判の終結と肝炎患者への医療費助成策など恒久対策実現に向けて、肝炎患者と家族が声を上げるときです。

 14日は大阪高裁期日、訴訟早期解決のために、傍聴などご支援をお願いします。裁判は、13時30分から短時間で終わる予定です。 
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎訴訟 | 23:59:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。