■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
力強く和解を提案
 14日午後、大阪高等裁判所で第6回口頭弁論期日。13時30分に開廷し、証拠などの事務的な手続きを済まして、横田裁判長は、和解による訴訟終結が「判決よりも早期、妥当な解決を得られる可能性が高い」と指摘し、1か月後までに双方が裁判所に和解案を提出すること。双方の和解案を検討しまとまる可能性があれば和解勧告すると表明しました。
 裁判長は、このなかで、裁判所として和解による解決を望むとまで、裁判所の強い意欲を感じる提案でした。


9・17薬害肝炎訴訟 報告・決起集会チラシ 報告集会では、山西弁護団事務局長が、裁判官の「まとまる可能性」の説明として、原告・被告の「和解案」が双方そろわなくても、一方の「和解案」が提出されただけでも、「まとまる可能性」の判断はできるとしているとし、裁判官の力強い和解勧告の調整であると報告されていました。

 いよいよ原告団は「和解案」作成に向け、活動を強化する事になるのでしょう。
 5地裁の判決、大阪高等裁判所の和解調整の表明、政府、与党、民主党など与党の肝炎対策の動きなどが活発になっている事を受け、17日に東京・星陵会館で報告集会が開催されます。

 薬害肝炎訴訟 報告・決起集会
   今こそ最終解決・全患者の恒久対策を!


○と き 2007年9月17日(月・祝) 13:30~15:30
○ところ 星陵会館
      (東京都千代田区永田町2-16-2

■第1部 肝炎判決からみた国の責任 (13:30~)
 ○薬害C型肝炎判決の総括 (石井麦生弁護士)
 ○予防接種B型肝炎訴訟の最高裁判決 (奥泉尚洋弁護士)     

■第2部 運動の到達点と今後の展望 (14:40~)
 ○日肝協から~患者の求める支援・100万人署名・請願等
    (日本肝臓病患者団体協議会・高畠譲二事務局長)
 ○これまでの活動総括
     (薬害肝炎全国弁護団代表・鈴木利廣弁護士)

 ○肝炎原告の訴え (薬害C型肝炎原告ら)
 ○各地支援者・支援団体・議員からの連帯の挨拶

■閉会挨拶 (16:15~)
 ○ 弁護団から (薬害肝炎大阪弁護団事務局長・山西美明弁護士)
 ○ 原告団から (薬害肝炎全国原告団代表・山口美智子)

 大阪の支える会や学生、滋賀から応援に駆けつけると14日の報告集会でも力強い声がありました。
 皆さんも是非、ご参加下さい。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎訴訟 | 23:39:20 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
好転することを
好転することを祈るばかりです。
多くの患者さんが救われますように。
2007-09-16 日 01:23:25 | URL | クー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。