■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
後期高齢者医療で肝炎患者の最新治療は
女性陣の勉強会 22日、午前は地域の女性陣が企画した「後期高齢者医療」勉強会に参加しました。私が心筋梗塞の治療でお世話になった医療法人の診療企画部長さんが講師。
 08年4月から、75歳以上の高齢者の公的医療保険制度を別立ての医療制度にするというもの。
 都道府県単位の広域連合で市町村議会議員で「議会」をつくり、それぞれの保険者毎に収支を競わせるというもののようです。
 保険料の徴収(1か月平均で6000円?)は、15000円以上の公的年金のあるものは、年金から天引き。医療給付は原則「包括医療」。1か月あたりの医療費に限度額が決められることもあるという。
 また、自治体が行っていた健康診断制度が、公的医療保険事業者が行う「特定検診」制度に改められるという。検診内容もメタボリックシンドロームを中心にしたもので、検診内容も大幅に削減されるそうで糖尿病(ヘモグロビンA1c)などの血液検査や検尿(尿タンパクや尿糖)
も無くなりそうです。


ゲートタワービルから大阪湾を望む 午後は、ゲートタワービルで行われた「がんに関する講演・相談会」に。
 テーマは、『がん血管内治療のトレンドと将来』。講師は、私が造影CT検査でお世話になっているゲートタワーIGTクリニックの堀院長先生。
 13日までギリシャで行われた国際学会での話題などを、ギリシャの遺跡の写真をふんだんに取り混ぜながら報告されました。
 肝臓がんに対する動脈塞栓術、乳がん、腎がんの転移病巣、肺がんへの実際の治療について説明されました。

 とりわけ新しい試みとして「球状塞栓物質が拓く動脈塞栓術の未来」について下記のようなことを考えておられるようです。
 ・薬剤運搬物質としての塞栓物質(薬剤の徐放性)
   新たな抗がん剤の採用
   分子標的治療薬の併用
   インターフェロン製剤の併用
   血管新生抑制剤の併用
   再発遅延・予防

 いくら立派な最新の治療が開発されても、「後期高齢者医療制度」が動き出すと、75歳以上の方は高い保険料を払っても、上記のような最先端な医療は受けられないことになりそうです。

 厚労省の「肝炎診療懇談会」や、薬害肝炎訴訟などでの全面解決(和解案作り)のなかでも、この矛盾の解決のために、がんばらねばならないことになりそうです。

 



スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:53:54 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。