■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福田政権誕生へ
なんばパークス屋上庭園 23日、自民党総裁選挙が行われ、福田総裁が誕生しました。
 休み明けには、国会で首班指名が行われ、新総理が誕生し、組閣作業が行われます。まもなく新しい政権が誕生です。

 桝添さんが、引き続き厚労相に就任される可能性が大だそうです。
 彼が、「今年中に肝炎問題解決したい」と明言されています。
 新内閣の元、薬害肝炎訴訟の早期解決と集団予防接種によるB型肝炎訴訟(最高裁判決で国の責任が断罪)後の対策の早期実現を望んでいます。


桝添厚労相 閣僚懇談会後記者会見概要(H19.09.18(火)10:37~11:02 省内会見場)から

(記者)
 B型肝炎なんですけれども、厚生労働省から具体的な支援策が何も示されていないということで、最高裁判決が昨年の6月に出たにもかかわらず、また、集団訴訟を全国で起こそうという動きが進んでおりますけれども、B型肝炎の患者さんに対して、何らかの支援策を検討されているのか。
 それと、もう一つ、B型肝炎の原告の方たちが大臣への面会を何度も申し込んでいるのですが、厚生労働省は面会はできませんということで、断り続けているということなのですが、大臣はC型肝炎の患者さん、原告に関しては、対応が決まったら面会するとおっしゃって。B型肝炎の方はもう結論が最高裁で出ているわけなのですが、面会についてはどうお考えですか。

(大臣)
 C型肝炎と同様にB型肝炎の方も大変苦しんでおられる。そこで、与党PTも、C型肝炎についての提言を行った際に、B型肝炎についてもともに検討しようということを述べてありますから、与党の皆さん方と検討しようということでは一致します。
 ですから、与党とよく相談しながら、C型のみではなくてB型についても、どういう対策、どういう支援策がとれるかということは、検討したいというふうに思います。
 その上で、どの方に面会する、面会しないということは、私はずっと申し上げているように、たくさん、難病、奇病含めて、困っている方々がおられます。じゃあ、どういう基準で大臣はその団体に会うのですかということが明確ではありません。350万人の患者がいれば会うのかと、じゃあ500人しかいない難病の方々には会わないのかというようなことがございますから。
 それともう一つ、私が一番配慮するのは、そういう方々の苦しんでいる現状、それから、いろいろなご意見、賜ることは私が直接じゃなくても、間接的にもやることは可能です。したがって、そういう形できちんと検討する材料をいただいた上で、そして、こういう政策を実行いたしますという段階になって、お会いすることはできると思いますけれども、公平という観点を一番大事にします。
 それから、何度も申し上げていますように、正当な権利であって、正当に自分たちがこういう支援策を受けるべきだという形でおやりになるのに、私と会ったから、大臣と会ったから、この病気については、お涙ちょうだいで、こういう支援策をいただいたんだよというような陰口を、他の方々からたたかれるというのは、例えば、C型肝炎の方にしても、B型肝炎の方にしても、本意ではないと思います。そういう全ての配慮でもって、冷たく嫌だから会わないとか、そういうことではなくて、むしろ逆に、そういういろいろな配慮を働かせた上での決断であるということをご理解いただきたいと思います。

(記者)
 B型肝炎に関しても、何らかの支援策が決まった時点で会われる。

(大臣)
 それは十分あり得ます。
 --------------------------------------

■「奇病」ということばは、いただけませんね。
 大臣、いろいろと御託を並べて、患者と会おうとしない。
 いろんなかたと毎日面談されておられると思うのですが、早く解決に動いてほしいものです。
 この間の総裁選挙、首班指名、組閣と政治空白は長く、患者は大変な迷惑をしています。


スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:51:39 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
冷遇されるのは差別ですが、優遇されるのも差別。
言われておられる事は分からないでもない。
しかし。ボロが出そうだな、この人。
国会空転はやはり頂けません。
2007-09-27 木 23:51:05 | URL | クー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。