■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福田新政権にお願いしたいこと 「医療制度」
東京都 ウイルス肝炎受療促進集中戦略  健康管理手帳 25日付神戸新聞社説が、「厚生労働白書」について取り上げています。
 「厚生労働白書/医療のひずみ修正したい」
 (リンク先はweb魚拓を利用)
 はじめの部分と文末の部分を引用すると
 -----------------------------
 ここまで躍起になって医療費を削減しないといけないものか。二〇〇七年版「厚生労働白書」の読後感である。
(略)
 ただ、白書は高齢者医療費に関して興味深い統計を示している。七十歳以上の高齢者は就業率が高いほど医療費が少ないというのだ。つまり「元気で働ける」ことが医療費削減につながることにほかならない。
 そのためには病気予防が大切になる。厚労省が近年取り組んできた施策「健康日本21」は病気予防に重点を置いており、方向としては間違いないだろう。
 だが財政の厳しさから医療費削減を急ぐあまり、高齢者医療では性急過ぎる部分が目につく。いま一度、現状を把握し直し、ひずみの修正に力を注いでほしい。
 --------------------------------------


 本当にその通りです。
 赤ちゃんからお年寄りまで、医療費をばっさり削減しようとする計画が実行に移され、その弊害(痛み)が、肝炎患者にもかぶってきています。
 インターフェロンの治療費助成制度ができても、医療や介護・後期高齢者医療保険料が、毎年上がるようでは、保険料を払えなくなり医療を受けるための「保険証」も取り上げられてしまいます。
 社説が言うように、病人や高齢者に優しい医療制度に改めてほしいのです。

■写真は、東京都が10月から実施する「肝炎受療促進集中戦略(5ヶ年計画)」で、医療費(インターフェロン治療)助成制度で配布される「健康管理手帳」(左:B型肝炎患者用、右:C型肝炎患者用)
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

難病・慢性疾患対策 | 23:10:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。