■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝がんはやはり厳しい 5年生存率
 国公立のがん専門病院などでつくる「全国がん(成人病)センター協議会」(全がん協、30病院)は10月4日、公表を同意した施設のがんの「5年生存率」を公表しました。
 各施設に「差」の要因分析を促し、全国で同じ水準の治療を受けられるようにする目的としています。
 朝日新聞の記事によると、
・厚生労働省研究班が解析。99年中に初めて入院治療を受けたがん患者について、その5年後の生存率を算定した。
・データの精度を高くするため、各部位別に100人以上治療した
 ▽治療した全患者のうち9割以上を、5年後まで追跡できた
 ▽6割以上でがん進行度を判定できた
などの基準を満たした施設について生存率を算定。
 このうち、公表に同意した施設の名前を明らかにした。年齢、性別による影響は計算で除いたとあります。


 朝日新聞には、胃がん、肺がん、乳がん、大腸がんのデータしか紹介されていません。






 全がん協のサイトでも元データが紹介されていますが、30施設全体のデータはありますが、施設毎のデータは掲載されていません。

 肝がんの場合、その背景の病気(肝炎・肝硬変とその合併症)などが生存率にも大きく影響するでしょうし、治療法の選択も影響するのかもしれません。統計的にまとめることが難しいのでしょうか。

 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:07:16 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
よくないですね
私の家系では、伯父が一人肝癌でなくなり、一人闘病中、そして母も闘病中です。
肝臓は唯一再生する臓器なので、もっと高いかと思っていました。
厳しい結果ですね。
2007-10-08 月 20:42:34 | URL | クー [編集]
再生が良くも悪くもに
 クーさん、そうなのです再生は凄い早さで行われるのですが、膨大な新生肝細胞の中に、変異か何かで悪さをする肝細胞ができてしまうと、そのなかにがん細胞に変わるものがあるのでしょうか。
 
 早めに発がん抑制するインターフェロンか、悪性細胞だけをねらい打ちしてアポトーシスを起こす新薬の開発が望まれます。
 がんナビのサイトに新薬開発状況が掲載されています。
  http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/cancernavi/development.html
2007-10-08 月 20:52:16 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad