fc2ブログ
 
■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎被害者への全面支援の年に
干支と「ポコ」(画:tama)

新年おめでとうございます

 肝炎患者が安心して療養できる「年」にしたいものです。
 肝炎被害者の支援対策を国がとるように「100万人国会請願署名運動」を行っています。
 一人でも多くの署名を集めてくださるように、ご協力をお願いします。
 請願項目の紹介と署名用紙(ダウンロード)は下記に。



 ウイルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会(略称:肝炎連絡会)は、1月に開会される166回国会(衆参両院)に「ウイルス肝炎総合対策の推進を求める国会請願」を行うために署名運動を進めています。
  署名用紙ダウンロード (B5サイズ両面印刷用 約1MG、PDF)

【請願趣旨】 平成18年6月16日、最高裁判所は、わが国におけるB型肝炎の蔓延は注射針・筒連続使用した集団予防接種と感染防止を怠った国の行政にその原因と責任があるとの判決を下しました。そして、この判決の意義は、B型肝炎のみならずC型肝炎を含め、ウイルス肝炎患者・感染者(キャリア)の全てに及ぶものです。
 現在、わが国のB型、C型ウイルス肝炎患者・感染者は350万人以上と推定されていますが、その実態は把握されていません。
 すでに肝炎を発症している患者と肝硬変、肝がんに進行した患者たちは、治療とその費用に苦しみ、また生活の基盤を失うなど、心身の苦痛のみならず、経済的にも多くの困難に直面しています。その救済は一刻の猶予もゆるされないほど深刻かつ急を要しています。また、ウイルス肝炎患者・感染者は社会生活のあらゆる場面で偏見・差別に苦しんでいます。
 B型、C型を含め、ウイルス肝炎の感染の原因とその被害の蔓延の責任が国にある以上、一刻の遅滞もなく、国が、患者・感染者の救済を実現するべきです。よって、私たちは、別記事項を請願するものです。

【請願項目】
1.ウイルス肝炎患者・感染者救済と感染被害拡大を防止するための肝炎総合対策を至急確立してください。

2.医療費の自己負担に対する公費助成を一日も早く実施してください。
3.ウイルス肝炎患者・感染者の生活支援対策を実施してください。

4.全国の肝炎専門治療体制を早急に整備してください。

5.早期発見、早期治療を実現させるために、公費による検査体制の全国整備を急いでください。

6.ウイルス肝炎患者・感染者のための相談体制をつくってください。

7.ウイルス肝炎患者と感染者に対する社会的偏見や差別をなくしてください。

《請願項目のポイント》
 全国350万人のウイルス肝炎・感染者(キャリア)、
 肝硬変・肝がん患者と家族の救済のために!!

①患者・感染者(キャリア)の救済とウイルス肝炎総合対策の確立を
 ウイルス肝炎(B型、C型)の患者は、慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する危険性の高い深刻な病気で長期の療養を余儀なくされます。1年間の肝硬変・肝がんによる死亡者数は約4万5千人を超え、その9割近くはB型、C型肝炎患者です。また、感染症ゆえに社会生活のあらゆる場面で偏見と差別に苦しんでいます

②肝炎患者に対する医療費自己負担の軽減を
 ウイルス肝炎の大半は医原病です。有効な治療法が開発されても、高額な医療負担から治療を断念することも懸念されます。治療の目的は慢性肝炎から肝硬変、肝がんへの進行阻止にあり、緊急を要しています。医療保険の高額療養費制度の「特定疾病」(自己負担限度額1万円)の指定や自立支援医療(更生医療)などによる医療費助成の実現を切望しています。

③肝炎患者に対する生活支援対策の拡充を
 長期の療養を強いられる肝炎患者の生活支援のため、障害年金の認定基準の緩和による支給対象の拡大と肝障害を「身体障害者福祉法」の内部障害の対象にしてください。

④どこでも専門医療が受けられる治療体制の整備を
 患者や新たに肝炎ウイルス検査で発見された感染者が生活圏で適切な治療や健康管理が受けられる治療体制の遅れが指摘されています。自治体や肝臓学会、医師会任せでなく、国の責任で治療体制を整備してください。
⑤公費による肝炎ウイルス検査体制の整備を
 平成14年度から市区町村で実施している「肝炎ウイルス検査」の受診率は約3割で対象者の7割が未受診となっています。国の補助金の増額や検査費用の助成をし、政府広報を充実して全ての対象者が検査を受けられるよう周知徹底してください。

⑥肝炎患者・感染者(キャリア)のための相談窓口を
 ウイルス肝炎に対する正しい知識の普及・啓発と医療機関の選び方や制度の利用を促進するために、全国にウイルス肝炎に関する公的な専門相談窓口を開設してください。

⑦肝炎患者・感染者(キャリア)に対する偏見と差別の解消を
 ウイルス肝炎の正しい知識の普及・啓発の遅れから、患者・感染者に対する偏見と差別は解消されていません。学校や職場、雇用主、家族などに対して、ウイルス肝炎の正しい知識を普及するために、ウイルス肝炎に関する進学・就労支援マニュアルを作成し、研修会の開催など行ってください。

スポンサーサイト



テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 03:59:19 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

新年おめでとうございます
 新年おめでとうございます  旧年中はたいへんお世話になりました。 昨年、肝炎対策の推進を求める全国連絡会が結成されました。 全国... 2007-01-01 Mon 13:44:22 | 大阪肝臓友の会