■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎の治療法の進歩が享受されるように
 デスクトップパソコンの電源が入らなくなりました。万事休すです。ノートパソコンがあるので、ブログの更新やメールのやりとりはできるのですが、ハードディスク内のデータが利用できません。
 今週末から日肝協の全国交流の集いの分科会「ウイルス肝炎よろず相談」の進行役を担当します。配付資料を作成しなければなりませんが、困りました。

 分科会の準備のために、資料作りをしています。日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)は、厚労省などと折衝し、肝臓病治療薬・治療法を肝炎患者の療養に提供するように求めてきました。
 昨年4月から保険適用になった治療法など
①C型慢性肝炎に対する瀉血療法   (06年4月)
②C型代償性肝硬変に対するβインターフェロン治療(06年4月)
③インターフェロンα製剤の自己注射  (06年4月)
④B型肝炎治療薬 エンテカビル (06年9月)
⑤ペガシス(ペグインターフェロンα-2a)・コペガス(07年3月)
⑥ウルソ酸製剤の300~600mg/日への適用用量の変更(07年3月)



 また、臨床試験中
①B型肝炎治療薬 アデホビルの単剤使用
②B型肝炎治療にペグインターフェロンα-2aの適応
③C型代償性肝硬変に対するペグ・リバ併用療法
④発がん予防薬「非環式レチノイド」
⑤ プロテアーゼ阻害剤(C型ウイルスの増殖を阻害する(07年12月から予定)

 C型肝炎に対するインターフェロン治療、B型肝炎に対する抗ウイルス療法などは、長期間の治療ですし、薬剤費など治療費も高額です。庶民の所得の低下が社会問題化していますが、医療を安心して受けられる仕組み作りが大切です。

 後期高齢者医療での国民負担分を半年先延ばしする案が与党で検討されています。予想される衆議院選挙対策のような姑息な方法ではなく、根本的な検討が必要です。国民への医療費負担転嫁には反対します。

 「ウイルス肝炎よろず相談」でも、単なる療養相談ではなく患者が療養の中で、自らの療養環境を改善させることができないものか、参加者同士の意見交換もできればと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:35:40 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
全くです。
全ての国民が、「医療を安心して受けられる仕組み作り」望みたいですね。
2007-10-12 金 23:47:35 | URL | クー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad