■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インターフェロン治療の難題
中之島 11日、府立中央図書館の会議室で大阪肝臓友の会の交流会を行いました。周辺(市役所周辺)で農業祭も行われていて大変な人出です。
 交流会では、最近の薬害肝炎問題と国や政党の動きを説明し、質問を受け、そのあと情報交換や交流を行いました。

 薬害肝炎訴訟では、弁護団への相談電話が話し中ばかりで相談できないことが、この日も指摘されました。電話回線を先週から増やして対応されているようですが、追いつかないようです。

 インターフェロン治療では、
・主治医から治療を薦められているが、来年度になれば医療費助成制度が始まる予定なので、それまで待ってるのか? 



・4回もインターフェロン治療を受けていてウイルスが排除されない。今、少量長期投与を受けているが、このような治療も国の医療費助成制度が始まると対象になるのか
・職場で工作機械を任されている。図面からコンピュータへの入力など非常に神経の使う仕事を担当している。長期間のインターフェロン治療は、仕事にどのように影響するのか。心配。

等々、インターフェロン治療への疑問や不安が出されました。

 次回交流会は、2月に勉強会に切り替え、専門医をお招きしお話を伺うことにし、ドクターと日時の相談を行うことになりました。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:38:42 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
「来年度になれば医療費助成制度が始まる予定なので、それまで待ってるのか?」
「長期間のインターフェロン治療は、仕事にどのように影響するのか。心配。」
すでに、私は治療効果がなかったのですが、もの凄く分かる疑問です。

果たしてもう2年早ければ、助成が受けられたのか?
もっと仕事への影響を抑えることは可能だったのか?
2007-11-12 月 21:00:17 | URL | クー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。