■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大阪市 難病相談事業で PBCなど
股が池明神(阿倍野区) 大阪市の難病対策事業の一環として、11月に3回の難病療養相談会が開催されています。
 11/ 3(土) 血液疾患(対象疾患:再生不良性貧血・突発性血小板減少症)
 11/ 6(火) 呼吸器・循環器の特定疾患(難病指定疾患)
 11/22(木) 消化器・皮膚・整形の特定疾患(難病指摘疾患)
  肝臓関連では、劇症肝炎、バットキアリ症候群、原発性胆汁性肝硬変です。
 残念ながら、個別相談の受付は11/8に締め切られています。
 患者交流会には、今からでも参加申し込みできます。(ただし大阪市民の方が対象です。)
 会場は、大阪市保健所研修室(阿倍野区旭町1-2-7-1000 阿倍野メディックス12階)
 お問い合わせは、大阪市保健所・保険総務担当まで。
  電話 06-6647-0654

 16日午後、事務所当番でした。上記の案内は、保健所の方から患者会の資料を請求された折にお聞きした内容です。 大阪市では、保健所の統廃合で各区に保健所があったのですが、阿倍野に集中されてしまいました。
 




 ウイルス肝炎に関する問い合わせや相談は、大阪市のサイトに掲載されています。
 ○相談窓口は、大阪市保健所
 ○肝炎ウイルス検査は、各区にある保健福祉センター
 詳細は、大阪市のサイト「フィブリノゲン製剤を投与された方への
C型肝炎ウイルス検査受診のお勧め
」をご覧ください。

▼事務所当番をしていますと、電話や来所されての相談が以前より増えてきています。薬害肝炎に関する報道の影響でしょう。
 専門医や患者会の所在についての問い合わせが、愛媛県や長崎県から寄せられました。
 16日だけでも10件、他に上記のような行政機関やマスコミ関係者からの問い合わせも2件、来所されて専門医の所在や高齢者の治療について相談者が1人ありました。
 郵便物の処理をしながら、これら相談処理をしているとあっという間に3時間は過ぎてしまいます。この日も30分の残業となってしまいました。3時間30分の手当は500円です。

▼事務所当番をしていて、うれしいことは入会してくださる方が増えることです。この日もお二人の方が大阪の会に、お一人の方がえひめの会に入会していただくそうでした。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

難病・慢性疾患対策 | 23:19:40 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
はじめまして
自分も慢性のB型肝炎患者です。
最近、薬害被害のC型肝炎者のニュースを見て薬害について調べていてこのサイトを見つけました。感染経路は不明で両親はともに非感染者。身内にも一人も感染者はいません。ニュースでやっているのはC型肝炎ばかりでB型肝炎の自分は関係無いのかとあきらめていましたが現在病気が理由で失業中でしてもしかしたらと思い書き込みをしてみました。
B型肝炎者でも薬害によって感染した可能性はあるのでしょうか?
また、もしある場合それを調べる方法はあるのでしょうか?
突然の質問で申し訳ありません。
2007-11-19 月 03:38:46 | URL | ゼブ [編集]
可能性は考えられる
 セブさん、
>B型肝炎者でも薬害によって感染した可能性はあるのでしょうか?
 フィブリノゲンなどの血液製剤の投与でB型肝炎ウイルスに感染する機会はあると思います。血液製剤の中にC型肝炎ウイルスが混入していたわけですから、B型肝炎ウイルスも可能性としては考えられます。

 B型肝炎ウイルスは幼少期に感染すると持続キャリアとなり慢性化する方が多いと言われています。感染力が強く、集団予防接種による感染が強く疑われる方が多くいます。

>ニュースでやっているのはC型肝炎ばかりで
 わずかにB型肝炎についても報道されています。
 読売新聞11/17付
 http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20071117-OYT8T00064.htm
 「B型肝炎の治療巡り厚労省に助成要望…訴訟原告団」
2007-11-19 月 09:27:29 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。