■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
がん対策基本法で 患者も参画できるはず
野洲でのお昼 今年4月に「がん対策基本法」が施行され、半年以上が経過しました。大阪では、がん患者団体も協議会の委員に4人が加わり、府の「がん対策推進計画」作りに参画しています。
 15日には、滋賀県で「これからのがん医療のあり方を考えるフォーラム」が野洲市で開催されました。
 患者会からは、きらら会(がん全体)とのぞみの会(乳がん)の代表の方が登壇され、患者会活動とがん医療への要望を述べられました。(京都新聞 07/11/16付
 この滋賀県でも「がん対策基本計画」の策定作業には患者団体は加われていません。開催されたフォーラムにも行政関係者は登壇もご挨拶もありませんでした。
 登壇された国立がんセンター名誉総長の垣添先生は、締め括りの発言で、「がん患者さんの参画、医療従事者は医師だけでなく看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどがん医療に関わる人々も加えること」と指摘されていました。
 垣添先生の基調講演で、「がん対策基本法」が紹介されていました。法律には、明確に次のように書かれています。

第二条(基本理念)三 がん患者の置かれている状況に応じ、本人の意向を十分尊重してがんの治療方法等が選択されるようがん医療を提供する体制の整備がなされること。
第二十条  協議会は、委員二十人以内で組織する。
2 協議会の委員は、がん患者及びその家族又は遺族を代表する者、がん医療に従事する者並びに学識経験のある者のうちから、厚生労働大臣が任命する。



 近畿各地の府県における「がん対策推進計画」づくりでの患者会の参画状況は、
 ・京都府 円卓会議が開催される(京都がん医療を考える会ブログ)
 ・兵庫県 11月兵庫県がん患者団体連絡会への説明会
 ・奈良県 不明
 ・和歌山県 推進協議会に患者団体から1人参画

というような状況です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:30:46 | Trackback(1) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

がん 対策 基本法
子宮がんは、医療の進歩によって死亡率が下がったとはいえ、予防できるならばそれに越したことはありませんね。子宮がんを予防するためには、日常生活でどのようなことに気をつけたらいいでしょうか? 子宮がん予防の第一は、体や局部を常に清潔にしておくことです。これ.. 2007-11-28 Wed 14:48:27 | がん画像

FC2Ad