■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
がん対策 府の予算編成に向け
勉強会での白板(第3場面) 17日午後、阿倍野区の青少年センターで「大阪がん医療の向上をめざす会」の勉強会が開催されました。
 これまでの活動のまとめ作りの段取りとこれらの活動についても話し合いました。
 また、これまでの活動で出された「要望・意見」をまとめて大阪府への要望書づくりも早急に行うことが決まりました。私がその素案づくりを担当することになりました。



■出された要望意見
1.「がん対策室」など大阪府のがん対策を推進するための専任セクションを設けてください。
  併せて、都道府県がん診療連携拠点病院である「大阪府立成人病センター」は建物、治療機器など老朽化し、多くのがん患者の治療や研究を促進するためにも、早急に立て替えなどを行ってください。

2.がん医療の質の向上を促進してください。
 ①がん診療連携拠点病院にがん治療専門医療職の確保してください。
②がん医療の満足度調査を患者家族を対象に行い、その結果を府がん対策施策に取り入れてください。

3.がん患者・家族(遺族)への情報提供、相談支援を拡充してください。 ①都道府県がん診療連携拠点病院で、「がん患者会」のピアカウンセリングなどの研修を行うなど、がん患者(家族・遺族)団体への支援機能を拡充してください。
  また、院内患者会作りへの支援も行うようにしてください。
②「がん患者サロン」の設置など、がん患者家族(遺族)が支え合う「場」を設けてください。
③がん患者相談支援センター担当職員と機器、書籍・資料などを拡充してください。
④がん診療連携拠点病院の診療機能などのがん治療・療養情報を発信しその内容を拡充してください。
⑤2次医療圏毎に、各医療機関のがん診療機能の情報を収集し、その内容を患者・家族に提供してください。
⑥府下で開催される「がん治療・療養」に関する講演会・セミナー・シンポジウムなどのイベント情報を収集し、その情報を府民に提供してください。
⑦がん診療連携拠点病院に、院内図書室を設け、がん治療・療養に関する書籍・資料を患者が閲覧できるようにしてください。
⑧大阪府立図書館など府下の公立図書館に、「がん療養」に関する書籍・資料コーナーを設けてください。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:14:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad