■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
20年で死亡 418人隠蔽リストから
 20日報道で、フィブリノゲンによるウイルス肝炎副作用報告(医療機関から旧ミドリ十字)があったリスト418人の氏名が特定できた患者に告知作業をする中で38人もの方がすでに死亡している記事に接し、びっくりしました。
 20年から30年たって慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行すると言われてきたC型肝炎。
 フィブリノゲン投与によって大量のウイルスも投与され、急性肝炎を起こした方の中に、20年以内に死に至った方が多いことを証明したようなものです。


 100万本も作られ使われたフィブリノゲン、投与リストをテレビの画面から見ていても1g(1本)の方がたくさんおられました。
 いったい何人の方がすでに亡くなられたり、重い肝硬変、肝がんになっていられるのか、国は早急にその実態調査をするべきでしょう。

 民主党の山井衆院議員が国会厚労委員会で肝炎問題鋭く追及してくださっています。山井議員のメールマガジンで詳しくその様子が報告されています。
 メールで申し込めば配信されます。申込先は山井議員のサイトで紹介されています。
 
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

肝炎訴訟 | 23:50:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。