■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
連休中の医療体制 思い知る
23日読売新聞朝刊の1面 22日の薬害肝炎訴訟の緊急集会、農祭まっただ中の田辺三菱本社前での抗議集会は、B型肝炎訴訟関連で参加できませんでした。御堂筋のパレードもエル大阪での集会もたくさんの方が支援にきてくださり、全国から集まった原告さん達も勇気を得たことでしょう。12/7までに出される和解勧告骨子へ大きな影響も与えると信じています。(写真は23日付読売新聞1面)

■ 昨日の続きです。
 昨日の腰痛のFさん。市民病院では入院できず、土曜日は日常診療がないので24日も他の病院へ移ることになりました。膠原病もみてくださるという大阪市北区のY病院へ。
 Y病院への移動をサポートをするためにそのために朝から市民病院に向かいました。
 Y病院でも土曜日のために非常勤医師による診療のために詳しい検査もできず、内科で点滴を受けて、整形で腰痛の対策を相談して午後に予定している診療は終わるようです。
 会社が所有しているマンションに移動して家族の来阪を待つとことになるようです。

 私は、3時からの「がんに関する講演・相談会」の会場に向かうために、サポートは13時で終えることにしました。
 シューグレンの症状も悪くなっているようですが、この方は26日に以前かかったことのある大学病院に相談される予定とのことです。

 連休中のアクシデント、思わぬ病気が出ると本当に困ることになることを思い知った秋の休日でした。


11/24 がんに関する講演・相談会 全景 15時からは、ゲートタワービルでの「がんに関する講演・相談会」。
 3連休の中日ですが、たくさんの方が参加されていました。
 講師の三田先生は、「肝硬変・肝臓がん療養の秘訣」をテーマに1時間余りお話しされました。
 三田先生のお話の中で印象的だったのは
1)肝硬変の管理で大事なことは、非代償期肝硬変の初期の段階までに、必要な場合はBCAA製剤の服用を!
 アルブミンにして3.2-3.5mg/dlが目安、主治医にご相談を!
2)インターフェロンの少量長期投与継続の可否
 ・ALT値
 ・ウイルス量
 ・AFP値
 いずれか一つ以上の改善があるとき
3)肝がんの早期発見は、腫瘍マーカーよりも画像診断
 画像診断にも弱点があることも留意
4)70歳代の肝炎管理と発がん予防=必要な場合は積極的なインターフェロン治療を
5)薬害肝炎と肝炎対策:来年度からの肝炎対策で大阪でも阪大など大学病院を中心にネットワークを組んで診療体制の整備の準備が進められている。

 
スポンサーサイト

テーマ:薬・医者・病院等 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:50:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad