■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
元大阪市長 肝がんで逝去
ねずみもち(ポコの散歩道) 元大阪市長の磯村隆文氏が26日午後、肝臓がんのため死亡しました。76歳です。(新聞報道
 1990年、助役に就任。95年に西尾市長の後継として初当選し2期8年市長を務めました。
 大阪市のトップを務めた方も肝がん、C型肝炎だったのでしょうか。大阪はそれほどに肝がん罹患者の多い都市です。

 26日午後、大阪肝臓友の会の事務所当番。電話相談が4件寄せられました。
 インターフェロン治療に関することや専門医の所在の問い合わせ、医療費助成に関することなどです。


 60歳代半ばの助成からの問い合わせは、最近の報道で肝炎患者への医療費助成についてでした。
 強ミノの注射(2アンプル週3回)の治療を受けてGPT値を50-60台を維持しているとのことです。高血圧や糖尿病も出てきて、治療費で困っているとのことでした。
 旦那さんとマンションで2人暮らし、年金生活です。その旦那さんも糖尿病を患い、2人で病院がよい。生活費に困っておられるようでした。
 主治医からインターフェロン治療をすすっめられているようですが、治療費が高いと聞いて躊躇されておられました。
 相談は、報道されているようなC型肝炎への医療費助成は裁判に加わらなければ受けられないのか。昭和40年代に子宮外妊娠で大きな手術を受けておられるとのことです。

 肝臓病の高齢者の方が困っておられる。政府はこれらの方々にどんな支援をしようとしているのか?伝えられる報道ではくみ取ることはできません。
 
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:59:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。