■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
何度も肝発がんを繰り返す
友の会だより 122号 13日午前、「友の会だより」122号の発送作業。
 午後からは患者交流会「がんといわれた方へ」を開催しました。
 昼前に車で会場の港区民センターに到着。すでに会議室いっぱいの会員であふれかえるようになって会報の袋詰め作業が行われていました。正午には終了し、事務局長さんと西郵便局に会報を運び、作業に使った事務用品などを会の事務所に搬送して、区民センターに戻りました。
 すでに交流会に参加された会員さんがお待ちになっています。開会の13時30分には11人が集まり、自己紹介から交流会が始まりました。

 8回、5回、2回など肝がんが再発し、塞栓、動注化学、ラジオ波、アルコール注入などの治療を何度も受けてこられた体験や、門脈に肝がんが詰まった、すでにリンパ節に転移し余命宣告された方など、今後の過ごし方などで意見交換しました。
 また、肝炎が相当進行した会員さんからは、インターフェロンと強ミノの大量療法を長年続けていて、間質性肺炎が出てインターフェロンが中止になったこと。瀉血療法の経験がない大病院の例なども紹介されました。

 参加された皆さんがC型肝炎。インターフェロン治療がうまくいかなかった方や治療時期を逸した患者が、肝硬変や肝がんで苦しみ悩んでいる実情が切々と訴えられていました。

 いま政府が検討しているウイルス性肝炎患者への治療費助成などの肝炎対策、肝硬変や肝がん患者へも手がさしのべられる制度にしてほしいと、参加された皆さんが語っておられました。



友の会交流会 「友の会だより」122号の内容を目次から紹介します。

   講演会案内
   講演録「C型肝炎 最新治療 慢性肝炎の治療と肝発がん予防
   会長から 「肝炎治療の公的助成」・経過と所感
   活動報告  25回総会報告
      日肝協第17回全国交流の集い
   肝臓情報 「不幸な出来事」とかたづけられてはたまらない 
   おたより  輸血から25年、他

 体裁は、B5判、44頁です。
 頒価、1部 500円(送料込み)
 お問い合わせは大阪肝臓友の会事務局まで。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:44:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad