■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
賠償額は少なく(名古屋地裁判決)、責任の期間は短く(東京地裁判決)を
薬害肝炎訴訟5地裁判決(国企業の責任)
 13日、大阪高等裁判所は、薬害肝炎大阪訴訟第1陣控訴審で、和解骨子案を示しました。
 国の責任について、国が敗訴した4地裁判決のうち国・製薬企業の責任範囲を最も狭く認定した今年3月の東京地裁判決が基準で、フィブリノゲンの投与時期によって昭和60年8月~63年6月と限定したものになっています。
 1964年から製造販売され、日肝協の中島代表のように1965年に投与された例や訴訟原告の中にはHCVが発見され検査法も確立し数年たった1991年に投与された被害者もいます。

 原告や肝炎患者は、裁判所の和解骨子には、大いに不満です。

 裁判所が出した和解骨子案は次のように述べています。


 「本件紛争の全体的解決のためには、1審原告らの全員、一律、一括の和解金の要求案は望ましいのではないかと考えているが、上記5地裁の判決の内容、結果に反する要求であり、1審被告らの格段の譲歩のない限り、和解骨子案として提示しないことにした。その他の点についても上記5地裁の判決内強調文容を比較検討しながら、それらに立脚し、それらから外れないように留意しながら、和解の調整を進めてきた。」

 「当裁判所は和解勧告の1カ月後の12月7日ころまでには和解骨子案を提示したいとの表明に従い、12月6日までに全当事者に対し、和解骨子案の基本部分を説明した。そしていまだ調整が必要な段階で、各当事者から追加、修正の希望が予想されるところではあるが、これまでの全当事者の意向確認、調整を踏まえて、本日、和解期日の席上、本事件の全当事者に対し書面による和解骨子案を提示した。」

 「今後、既提訴事件についての詳細な部分についての調整及び新規提訴事件について予想される問題点についての具体的な調整が必要になるものと考えている。」

 「正式の全体的な和解成立は、全体的な基本合意が成立しても、それから数カ月以上かかるものと予想される。そこで当裁判所は全当事者の意向同様、当面、全体的な基本合意の早期成立を目指しており、できるだけ年内にその合意の成立のため、これまで同様、全力を尽くしてその調整作業に当たるつもりでいる。
 そのため全当事者に対し、既に本和解骨子案の基本部分を説明していることでもあり、できるだけ早めに本和解骨子案に対する意見・返事を回答するよう求めている。多くの事実上の合意が得られている現状を考え、本和解骨子案を単に拒否するのではなく、和解による解決に向けての追加、修正案を提案するよう要望している。」

 上記骨子案を抜粋しましたが、これを見る限り、裁判所も、政府の政治的解決を望んでいるように思えます。

 福田総理の政治決断を切に求めます。



スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:44:02 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
そう思う
財源はともかくとして、線を引くのはよくないよなあ。一律救わないと。そのしたにいる、わたしたちも救われないことになる。
2007-12-15 土 11:27:26 | URL | ばんばん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad