■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
厚労の薬事、法務の責任、財務の財政 官僚に押し切られた?福田総理、舛添大臣
薬害肝炎訴訟 早期解決要請書  20日、舛添大臣の記者会見で、血液製剤で肝炎ウイルスに感染させた国に責任を認めず、被害者に解決金を払って、うやむやにすまそうとする国の姿勢が如実に表れました。
 原告団が、この国の和解修正案を拒否するのは当然です。

 昨年6月に最高裁判決で、筒や針を替えないずさんな集団予防接種について、国が集団予防接種でB型肝炎ウイルスを蔓延させた責任を断罪しました。しかし、このときも原告に賠償金を支払うだけで、厚労省は謝罪もせず、被害の実態も調査しないまま現在に至っています。
 薬害肝炎訴訟早期解決のために、国や製薬会社は全被害者救済に向けて、動くべきです。要請署名運動にご協力ください。

◆「薬害肝炎 被害者の早期全面救済を求める 要請書」
 厚生労働大臣と三菱ウェルファーマ株式会社、日本製薬株式会社あての要請署名運動を取り組んでいます。
 用紙は下記よりダウンロードできます。ご協力をお願いします。
  こちらからダウンロード(pdf)




◆「なかま」になろう
 薬害肝炎訴訟原告・弁護団は、薬害肝炎訴訟の支援情報をメールマガジンで発信しています。
 メールマガジンの読者になってください。
   □メールマガジンに登録する
   薬害肝炎訴訟の情報を、メールマガジン配信中。
   yakugai.kanen@gmail.comまで
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:36:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。