■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
カルテ探し
 肝臓病患者会には、肝炎患者さんやそのご家族から毎日のように、古いカルテの探し方など、投与の証明の仕方について問い合わせが寄せられています。
 
 時間をさいては、ネットなどで関連する情報を集めています。昨日、こんな情報を見つけました。

■2.古いカルテは? 公立昭和病院の例

 東村山市議のブログから 
   東京都小平市 公立昭和病院
   カルテは永久保管 群馬で 民間企業に管理委託
 昭和病院監査会事業報告 2007年12月28日 (金)
 http://tyubunn.blog.ocn.ne.jp/berumokku/2007/12/post_fc2a.html


 ※昭和病院組合は、昭和3年7月に伝染病院設置を目的として関係町村により設立され、現在では、東京多摩地区北部の小金井市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市、東大和市、武蔵村山市および西東京市により組織されています。 (病院の説明から)

 決算委員会での議員と理事者のやりとりの結果が報告されています。この病院では、複数名の投与者が見つかっているとブログで報告されています。
 ブログで議員は次のように指摘されています。
-------------------------
 また、事業報告にはなかったが、薬害肝炎問題をはじめとしたカルテの保管について質問したが、昭和病院は基本的に永久保管で、その保管先は群馬県にある民間企業が保管、管理しているらしい。

 昭和病院では今回の薬害肝炎問題に関しても、そのカルテを元に追跡調査を実施したそうであるが、フィブリノゲンや第9因子製剤を投与した患者が確認されたそうである。

 この質問の時、カルテの保存が国の指導では5年だということをはじめて知った。確かに膨大な数のカルテを保管することは物理的にも様々な問題がると考えるが、電子データ化するなどの方法が開発されている事を考えれば、永久保存も十分に可能である。

 今回の薬害肝炎問題も基本的には補償金が支払われる条件としてカルテの確認(照会)が条件である。このような医療問題は無いに超したことはないが、薬害エイズ問題や新たに確認されたグロブリン投与問題も考えればその対応について、統一した指導が国からされるべきである。

--------------------------


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:12:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad