■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夫が後押し、「絆(きづな)」
シリーズ「絆」 1回目 薬害肝炎訴訟 武田さんご夫妻 3日付「赤旗」新聞から「シリーズ 絆」の連載が始まりました。
 夫婦で共同して挑戦されている様々な活動「生きる たたかう」が紹介される予定だそうです。1回目は、薬害肝炎大阪訴訟の原告1番の武田さんご夫妻(愛媛県)。原告はセイ子さん。妻が記事を見つけました。


 セイ子さんは、「350万人いるといわれる肝炎患者の医療費助成などの道が開かれなければ、道半ばで終わってしまいます。」と記事の中で語っています。
 旦那さんも、「最後の最後まで後押しするから」「多くの人たちの支えがあってここまで来れました。これからも協力しあって恒久対策を国に迫っていきたい。応援してくれた人たちへの恩返しです。」と話しておられます。

 愛媛や高知で訴訟の説明会や医療講演会などを行うときには夫婦で会場づくりから来場者のお相手をしていただくなど、四国の肝炎患者会には無くてはならない方々です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:33:59 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
取り上げて頂き有り難うございます。私達でなくsinさんこそいないと今後の肝炎患者会は道が開きません。何時も患者の相談にのり的確な解決方法を助言できるのは、今までの積み重ねがあればこそです。
2008-01-04 金 18:48:59 | URL | さざえ [編集]
実は…
はじめてコメントをさし上げます梶本洋子@cdlでございます。
昨年C型肝炎セロタイプ1を告知されましたが、精神科にかかっていることや不眠、貧血の既応症があるため、インターフェロン投与を断念しております。

つい先日のこと、『薬害C型肝炎救済対象者の差別を止めてください!』というタイトルで、日本共産党中央委員会にメールをさし上げたところ、『ご参考までに薬害肝炎原告団と志位委員長の懇談についての「しんぶん赤旗」記事(詳報)を紹介します。』
ということで、掲載されている新聞記事を拝見いたしました。
皆さまの行動力に頭がさがります。
私(主人ともども)のできることは、国会議員の方々に『BC型肝炎は医原病である』そのことを、もっと現実としてとらえていただくことを目的として、メールをお送りすることぐらいですが、私たちなりに頑張っていきたいと存じます。
2008-01-05 土 00:22:43 | URL | 梶本洋子 [編集]
肝炎患者への支援のために
■さざえさん
 コメントありがとうございました。
 遠方のところを、お仕事や家事、介護をご夫婦でこなしながら、裁判所や上京など裁判活動で頑張っておられる姿は、私たち肝炎患者にとって、大いに励ましになります。
 「薬害肝炎訴訟」そのものは、まもなく5地裁、高裁での和解協議が具体的に進行し、終結の方向に進むのだろうと思います。
 この作業も、大変難しい(350万人肝炎患者への支援の糸口を織り込む)ものとなるのではと私は思っています。
 健康に気をつけて頑張っていきましょう。

■梶本洋子さん
 B・C型肝炎、感染症であり、進行性や発がんなどの危惧をはらむやっかいな病気ですね。合併症やウイルス感染持続という状況が誘発する病気が様々あるということも、「難病」の類に入る病だと私は思っています。
 共産党にメールを出していただきありがとうございました。
 私も昨年は、党の本部ではありませんが、地方議会の議員の方々に、「意見書」を採択してほしいと、地元を含めいくつかの自治体の自民党系、公明党、民主党系、社民党系の議員の方々に小煙害の活動を行いました。
 みなさん、時間を割いて面談下さり、進めるためのノウハウを教えて下さったり、議会内で他会派の議員さんと調整して下さったり、ご協力をいただきました。幾人かの議員の方からは年賀状までいただきました。
 これからが350万人肝炎患者と家族のための施策を国や自治体に作ってもらう活動が大切な次期になると思います。梶本さんのご協力もよろしくお願いします。
2008-01-05 土 06:47:49 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。