■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
期間の長い対策を! 参議院 肝臓専門医の意見陳述
 10日、参議院厚生労働委員会・薬害肝炎被害者救済法案の審議で、会議の冒頭参考人の意見陳述が行われました。
 参考人は、衆議院の委員会で行われたときとメンバーが入れ替わったのは、衆議院では、患者会の代表として日本肝臓病患者団体協議会の高畠事務局長でしたが、参議院では、肝臓専門医である清澤研道医師(長野赤十字病院院長、元信州大学教授)が意見陳述しました。
 
 参議院でインターネット中継され、その内容がビデオライブラリーでご覧になることができます。
 ・参議院 厚生労働委員会 1/10 の始まりから23分20秒頃から後です。

 肝炎・肝がん対策でたくさんの重要な提言をされています。


 とくに「薬害肝炎被害救済法(案)」が時限立法であること、若い被害者は、病気が進行するのが、60歳以降に進行する。被害者がキャリアで20~30歳代だった場合、「10年以内の病気の進行で補償額を見直すという記載があるが、キャリアの方の場合60歳や70歳代で進行した場合の配慮がなされていない」
 また、肝炎対策(検査)で受診率が低いのは、費用の自治体負担に問題がある。
 C型肝炎治療助成で、インターフェロンが効かなかった患者さんへの対策に配慮を!
 B型肝炎対策では、治療の主流はインターフェロンでなく抗ウイルス剤、なおかつ治療期間が相当長期、この対策をどうするのか。
 保険診療上の課題、心カテーテルでの器具での感染拡大(付属測定器具にも保険適用を)の例を挙げ、保険診療の拡充を指摘
 
等々を意見陳述されていました。

 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:56:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。