■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ネットワーク ラボ
ネットワークラボで 20日午後、パーキンソン病の患者会の広報担当されている方から「薬害肝炎被害者一律救済を勝ち取られた教訓を聞きたい」との取材に応じるために、大阪市が運営している「ネットワーク ラボ」に出かけました。
 Yさんは、長らくパーキンソン病を患い、歩行が困難ですが、なんとか単独での行動をこなすことができ、大阪駅前第2ビルにあるラボで患者会の事務などをこなしておられます。

 Yさんの取材の主眼は、「一律救済」に到達するまでの原告や患者の戦い方。
 1時間ほどお話しし、写真を撮られ、パーキンソン病の会の全国誌に掲載したいとのことです。


 ・200人を超す原告団を作り上げられたこと。原告団がそれをまとめたこと。
 ・弁護士さんの日夜を分かたぬ調査活動と労をいとわぬ説明活動、弁護活動
 ・原告・弁護団と支援者による政治情勢の打開活動(国会議員への要請行動、厚労省前・官邸前行動)
 ・傍聴支援、各地での支える会の活動の展開
 ・救済法後の患者の課題
等々、私個人の5年間の支援者側からの視点でお話ししました。
   ---------------------------
ネットワークラボ利用者用貸しロッカーネットワークコーナー 資料展示スペースネットワークコーナー 談話スペースネットワークラボ ワークステーション(印刷コピー機)
 大阪駅前にこのような立派な市民活動支援拠点ができていたとは、驚きました。利用料も思っていたよりやすく、使い勝手もいいようです。
 大阪駅前 大阪市生涯学習センター施設のなかにあり、ネットワークコーナーに併設されて「ネットワークラボ」があります。有線LANも利用できます。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:52:57 | Trackback(1) | Comments(1)
コメント
「医療政策は選挙で変える」…
権丈善一様のご著書が本日手元に届きました。
梶本洋子@cdlでございます。
こんな時間まで何をしている!
まったくその通りでございます。
なかなか思うに任さぬ日々、「おわりに」だけ目を通させていただきました。
読了後心に浮かんだ言葉は、「今しかなかったら」
粛々と生きてまいりたいと存じます。

これから、ゆるゆるとではありますが本文を読ませていただきます。
ご紹介ありがとうございました。
2008-01-22 火 05:08:56 | URL | 梶本洋子 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【パーキンソン病】についての検索結果をリンク集にして…
パーキンソン病 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます… 2008-01-24 Thu 05:19:33 | あらかじめサーチ!

FC2Ad