■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ペグは? へぇっ静脈注射も?
 下記のニュースが毎日新聞などで報じられています。
 毎日新聞08/02/01「<インターフェロン>B型肝炎患者も保険対象に 中医協」

 よくよく読むと自己注射によるインターフェロン治療も保険適用になるようです。
 最近の講演会では、B型肝炎のインターフェロン治療は、ペグインターフェロンが、従来型よりも効果があるようで治験が進んでいるとの情報もあります。

 ペグインターフェロンも保険適用にしてほしかった。 早期保険適用を要望しなければ!


 関連したニュースでは、以下のような記載もありびっくりしています。
■医療介護情報 CBニュース
 「肝炎の在宅自己注射、制限を緩和」
に、「(略)このほか、『グリチルリチン酸モノアンモニウム・グリシン・L‐システイン塩酸塩配合剤』を在宅自己注射の対象注射薬とした。」とあります。

 強ミノなどのグリチルリチン製剤の静脈注射のことと思われます。「ほんまかいな」誤報ではと思いような内容です。確認してみなければ。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:20:39 | Trackback(1) | Comments(2)
コメント
えっほんと
これがほんとなら、大進歩ですね。
静脈注射の自己注射ってどうやってやるんだろう???
筋肉注射や皮下注射ならわかるんだけど・・・
誤報でないことを望みますね。
2008-02-02 土 13:57:42 | URL | ばんばん [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-11-14 金 20:29:42 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

強ミノの自己注射が解禁???
インターフェロンでC型肝炎を治療しているばんばんです。 Sinさんのところで知りました。 ■医療介護情報 2008-02-02 Sat 14:03:02 | ”あかるい”C型肝炎生活 - ペグイントロン、レベトール治療後、再燃した日常

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。