■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
在宅自己注射 強ミノも対象薬剤に
 2月1日に中医協総会が開催されました。
 答申はまだサイト上にアップされていませんが、当日の資料はアップされています。
 ・中央社会保険医療協議会総会平成20年2月1日資料

■在宅自己注射の対象薬剤の追加
 ・B型肝炎へのインターフェロン自己注射の保険適用
 ・グリチルリチン製剤も在宅自己注射対象薬品に
が議題となっています。
 <関連資料>

※ペグインターフェロンはいまだ保険適用されず、強ミノのような静脈注射が在宅自己注射適用薬剤になることは、患者団体として検討を要すると思います。

 また、「平成20年度診療報酬改定」の資料には、がん医療に関する項は、112頁から121頁にあり、その後には、後期高齢者医療に関する資料もあります。
 どちらも肝炎患者には、非常に関わりの深い項目です。


 肝炎対策では、下記の会議の資料も重要です。
 全国厚生労働関係部局長会議資料【健康局】(平成20年1月16日開催 一日目)
 <重点事項>の項で肝炎対策は4頁から、がん対策については5頁から7頁
 肝炎対策の詳細については、<連絡事項>の2つめのファイルの最後の部分と3つめのファイルの最初に記載されています。

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:41:57 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
PEG-IFN の認可求む
通りがかりのHBV持ちです。今まさに連日 IFNβ 点滴投与してます。
(今日は雪で大変でした…)

副作用の観点からPEG-IFNを投与できない人にとっては、IFNαの週3回自己注射は意味があるのかもしれませんが、PEG-IFNを保険適用するのが先ではないかと感じます。QOL・治療効果のどちらから見ても、IFNα週3回自己注射<PEG-IFNだと思うのですが…報道と資料を見て思わず「わかってねぇ~使えねぇ~!」と叫んでしまいました。
2008-02-03 日 22:11:51 | URL | 通りがかり [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad