■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
フィブリン糊の使用実態など、企業は隠蔽していた
カルテのない患者の会  友の会の会員さんで薬害肝炎訴訟の裁判を傍聴されている方から相談を受けました。20年以上も前に治療を受けたときのカルテをさがそうにも、「廃棄した」「廃院している」など、フィブリノゲンを投与された証明が簡単にとれない方が大多数です。
 自分のまわりにはそういう方がたくさんいるので、そういう方と「会」を作りたいとのことです。
 チラシの案を作って持ってこられました。すごいエネルギーだと驚いています。
 友の会に入っていない方には、友の会へのお誘いもしてくださっています。できることならお手伝いしたいという気持ちはいっぱいなのですが、会の目標は厳しいです。

 


 厚労省は、フィブリン糊を使っていた医療機関リストも3月に発表するという。
  日経新聞「薬害肝炎、フィブリン糊使用病院を3月にも公表・厚労省 」(web魚拓)

 西日本新聞「製薬会社に別の資料 厚労省保管リスト以外20年間放置か フィブリノゲン投与患者」(web魚拓)

等々、続々とフィブリノゲン投与実態を明らかにする資料は出てきますが、長年隠蔽してきたために、投与患者の特定は、患者側からはカルテなど資料が探せない方が多く、薬害肝炎被害者救済法による給付金の申請が難しいのです。
 国や企業が、そのような方々を支援し、証明できる資料探しを手伝うような仕組みが必要です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:32:33 | Trackback(1) | Comments(1)
コメント
小林さんからトラックバックを受けましたがデータを誤って削除しました。
 http://kobayasisatosi.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_b244.html
 いただいたブログURLを紹介いたします。
2008-02-28 木 05:06:18 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カルテ至上主義に警告を!
薬害C型肝炎の対象者となるためには、カルテなどにフィブリノゲンなどの血液製剤が使 2008-03-30 Sun 14:01:30 | 小林哲之ちょっとだけ語る

FC2Ad