■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ついにB型肝炎訴訟も大型追加提訴へ
初めての冠雪 夜、待ちに待ったニュースが飛び込んできました。薬害肝炎訴訟に続いて、集団予防接種によるB型肝炎訴訟の追加提訴が行われます。
 
 讀賣新聞「B型肝炎集団提訴へ、8地裁で原告1000人超す可能性

 報道によれば、
 ①B型肝炎訴訟を準備している全国の弁護団の連絡会議が23日、札幌市で開かれ、8地裁に裁判を起こすことを決定
 ②札幌、東京、静岡、新潟、広島、鳥取、松江、福岡の各地裁。
   このほか、大阪、名古屋、仙台でも準備を進め、弁護団の結成もすすめる。
 ③原告の対象となるのは、母子感染と輸血感染でないことが明らかになっている患者。
 ④請求額は、下記を基準に算定。
  〈1〉感染者1500万円
  〈2〉慢性患者3000万円
  〈3〉肝がん患者5000万円
  〈4〉死亡者6000万円

 弁護団は「国は最高裁判決の趣旨に沿って、患者への医療費助成や生活保護など相当額の賠償をすべき」と記者に話したとなっています。


■集団予防接種によるB型肝炎訴訟 追加提訴について
    B型肝炎訴訟弁護団提供
 ①新たなB型肝炎訴訟への参加を考えている方へ(pdf)
 ②B型肝炎訴訟における提訴の条件について(pdf)

■集団予防接種B型肝炎訴訟 最高裁判決
   判決文(最高裁の判例集から)

 これからが大変です。この裁判を闘う原告達を支える会を立ち上げなければなりません。国民に訴え、国による肝炎対策(350万人の療養支援・社会的支援)の策定がなされるよう運動が巻き起こるような活動が求められます。 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ニュース | 23:33:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。