■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっぱり出てきた薬害肝炎被害者資料
朝日新聞連載 「患者を生きる」 薬害を訴えて 写真は26日から連載が始まった(6回)「薬害を訴えて」の1回目のもので連載通算590号の記事です。
 高木京子さん(仮名)は、薬害肝炎訴訟九州原告さん、塞栓療法を受けている肝がん患者さんでもあります。

 418人の隠蔽されたリストが厚労省の地下倉庫に隠されていたことが昨年明らかになりました。
 今回はそれ以外にも田辺三菱製薬(旧ミドリ十字)が、感染の可能性がある3700人分の投与状況などを記した詳細な資料を保管していることが明らかになりました。


 讀賣新聞の報道(08/02/27)によると
  -----------------------------------
 血液製剤による集団感染が確認された後の1987年6月~92年12月、投与患者3859人の経過を半年間、1か月ごとに追跡調査したもので、患者のイニシャル、医療機関名、投与時期などの記載がある。このうち159人は急性症状があったため厚労省に副作用報告が出されたが、残る3700人は、当時は症状がなかったため報告されなかった。
-------------------------------------
 
 東京新聞の報道(08/02/27)によれば
  ------------------------------
 同社を引き継いだ三菱ウェルファーマ(現田辺三菱製薬)は2001年、急性症状の有無について、発症者159人、未発症者3700人と患者数のみを厚労省に報告。同省は患者への告知などを同社側に指示していなかった。
  ------------------------------
とあります。企業も厚労省も、調査した時点できちんと対応しておれば、九州の高木さんのように肝がんを発症を発生させないように慢性肝炎の段階でインターフェロン治療をきちんと受けられたかもしれません。
 企業と厚労省の責任は重いです。
 資料はまだまだあるのではないでしょうか。きちんと調査してほしいものです。



スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:31:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。