■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
無料肝炎ウイルス検査 節目検診の手法の延長線で 大阪府の場合
ポコのお庭で 29日午前、S副会長さんと国会請願署名協力依頼で大阪民主医療機関連合会を訪問しました。早く終わったので本町の千鳥屋本店でお茶、難病連に関する相談やら、Sさんの療養相談を受けました。友の会の事務所までオフィース街を散策し、午後からは事務所当番です。

 郵便物や受信したファックスの処理をする時間はある程度確保できましたが、電話相談が8件、署名用紙を持参していただいた来訪者が1人有り、結構忙しかったです。

 相談の1例を紹介しますと
 ある県の肝炎対策協議会のメンバーであるドクターから、大阪府の肝炎ウイルス検査の無料検診を医療機関で行われているが、その委託単価がいくらになっているのか情報をほしいというものです。


 このドクターは肝臓専門医として県内でのウイルス検診に多くの方が受診していただくように活動されているようです。
 検査には、検査料、診察料、診断料を医療機関に支払わなければならなくなるようです。HCV抗体検査、HCVコア抗原検査、HCV RNA検査とウイルス量の少ない被験者の血液を調べる場合は、何段階かの検査を行わなければならず、それぞれに採血や診察を繰り返すと相当の金額を医療機関に支払わなければならなくなる例も出るようです。

 さっそく大阪府の状況を調べてみました。府の場合はこれまで節目検診や節目外検診の実施を市町村が行っています。その医療機関委託のスタイルをそのまま今年からの無料検診にも引き継ぐような方法で大阪府が実施医療機関に必要経費を支払う形をとったそうです。

 あらためて、他府県に比べて早くからウイルス検診の無料医療機関検査が始められた府の担当者の努力に頭が下がる思いです。

 大阪付近隣各府県の実施状況ですが、
 ・京都府  19医療機関
 ・滋賀県  36医療機関
 ・奈良、和歌山、兵庫については、本日現在行われていないようです。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:30:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad