■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
滋賀 会員交流会と駅前の街頭宣伝 いつもがんばる
滋賀草津での肝臓友の会会員交流会南草津駅前 国会請願署名街頭宣伝 9日午後、滋賀県草津市で、滋賀肝臓友の会の会員交流会を会を会員外にも公開で開催されました。
 滋賀民報、京都新聞、中日新聞などで予告記事が掲載されましたので、70人を超える方が参加されました。
 会結成以来の参加者数だそうです。
 九州原告の福田衣里子さんは、一昨年5月、昨年9月に続いて3度目の来県です。8日は静岡で講演され、連日の講演でも、お元気にイベントの最後までおつきあいくださいました。
 <写真右 中央の黒い服で署名集めをされているのが福田さん>
 


 C型肝炎患者である福田さんは、23歳から裁判を始められましたが、その前は肝炎で寝て療養されることが多い20歳代の始まりだったもお話しされていました。現在27歳、インターフェロン治療後もしばらくは副作用の湿疹などが残ったと言われていました。
 耐震偽装も食品偽装も薬害も根本は、企業の利益追求を第一のなせること、今度の裁判とその後の国や企業との協議で、このような被害者が出ないような仕組みを作ることが大切でがんばりたいと決意を述べておられました。

 薬害肝炎大阪訴訟の小橋弁護士さんは、訴訟説明の中で、「薬害肝炎被害者救済法」で、「給付金」のことが大きくクローズアップされ、多くの患者さんも注目しておられ質問もたくさん出ています。
しかし、もう一つの大きな成果は、今後の肝炎対策(恒久対策)について務めることが明記されたこと。和解締結書で、原告弁護団と国が協議をする場が法律でも明確にされたこと、ここで350万人といわれる肝炎患者の救済策について詰めることができるようになったことは、肝炎問題では今までにない成果でもあると強調されていました。

 この恒久対策、患者会も原告弁護団と肝炎対策のあり方について協議の場を設け、お手伝いしたいと思っています。

 交流会が終わっても会場で福田さんや参加者の交流が続きました。
 私も参加者の方から、B型肝炎の追加提訴についても情報が欲しいと質問を受けましたが、関西地方での弁護団の結成や訴訟の相談窓口ができていないことには、忸怩たる思いを再確認しました。

 17時過ぎから1時間ほど、JR南草津駅前ロータリー歩道で、国会請願署名「新たなウイルス肝炎対策の推進を求める請願」署名の街頭宣伝を行いました。
 若い方からお年寄りまで、足を止めて多くの方が署名してくださったのには、昨年末の草津駅前の署名行動以上の反響でした。友の会の会員さんも大いに元気をもらった行動になりました。

■ 広島市で地元の弁護士会の有志の方々が訴訟説明会を開いてくださいました。この方には、原告の両川さんや弁護団も大阪から駆けつけました。200人ほどの参加があり、患者さんの関心が高いことを表しています。
 ブログ報告「波乗り大好きカメラマンおやじのカバチ 」から

■ 東京では、薬害肝炎訴訟全国原告団総会が開催され、原告団の組織強化と国に対する働きかけの段取りなどが話し合われました。
 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:38:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。