■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
350万人肝炎患者への支援策を求めて
ぼけ 14日午前、日本肝臓病患者団体協議会の事務所(東京肝臓友の会)で、薬害肝炎訴訟東京弁護団の方と、日肝協の在京役員の意見交換会があり、私も参加させてもらいました。
 17日に行われる国と薬害肝炎原告弁護団との最初の協議に当たって患者会との意見交換会のようなものでした。
 4月にも2回目の意見交換会を行うことが決まりました。次回はぜひ原告さんも参加してほしいと思います。


 ・ウイルス検査の医療機関での無料検査の地域格差
 ・インターフェロン治療への医療費助成を前にして(受けられない現実も直視してほしい)
  その対策は?
 ・肝硬変・肝がん、B型肝炎患者への支援策は
 ・肝炎治療体制の拡充を叫べども、一方では地域での医療崩壊が進む
 ・B型肝炎訴訟追加提訴との連携は?
 ・国の肝炎対策7か年計画と都道府県肝炎診療連携拠点病院構想
等々、疑問点や解決しなければならない課題をまずは出し合いました。

 夜は、地元の市立病院の再建・再生をめざすシンポジウムに参加しました。検査技師さんが、再建再生するためのプログラム案を説明されました。
 参加者からの意見で共通していたのは、医師一人あたりの稼ぎが他の病院に比べて低すぎると言うことで、医師一人が一診療時間に診る外来患者数を大幅に増やす工夫をする必要があるということでした。特に内科外来について意見が集中した感じです。
 高度専門医療に特化した診療スタイルから、何でも診る「外来」重視の病院にしようという意見に私も賛成です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:06:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。