■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
外来管理加算520円 5分以上の診察で
雨の中で花見の宴 おやじの会Yさん宅 4月から診療報酬の改定が行われます。
 診療所などでの診察、診察時間に5分以上かけ、患者さんを診察したり診療情報の説明に5分以上かけると「外来管理加算」として520円を診療報酬として請求できるようになります。
 5分未満ならこれを請求できません。

 肝疾患などで、目の黄染(黄疸)、腹部の触診(肝臓の腫れや堅さ、腹水の有無)、血圧などを測り、血液検査の結果を簡単に説明すると5分はかかってしまいます。

 これとは別に再診料もかかってきます。再診料は、診療所と中小病院(一般病床200床未満)が対象で、処置や検査、リハビリ、精神療法などがなく、問診や身体診察、説明、指導が中心の時は、基本の再診料(病院600円、診療所710円)に「外来管理加算」を上乗せできることになります。




 そのほかに後期高齢者医療の主治医機能を評価した「後期高齢者診療料」が600点(月1回)などもできました。

 質の高い入院治療=感染症対策 B・C型ウイルス肝炎の抗ウイルス療法について 「薬剤費を包括している入院料等であっても包括外で算定可能とする。」としています。

 がん診療関連では、
 【がん診療連携拠点病院加算】(入院初日)も200点から400点に改められました。
 大阪のがん医療の向上をめざす会のメンバーが取り組んでいた「リンパ浮腫」の治療については、リンパ浮腫指導管理料 100点(入院中1回)が加えられ、リンパ浮腫の治療のために使われる弾性着衣(ストッキング等)について、「四肢リンパ浮腫の重篤化予防を目的とした弾性着衣(ストッキング等)の購入費用については、医療技術評価分科会における検討結果を踏まえ、保険導入(療養費払い)の対象とする」が加えられました。
 化学療法や放射線治療についても改定されました。

 全日本病院協会のサイトに「平成20年度診療報酬の改定について」の内容がが掲載されています。

 厚労省「平成20年度診療報酬改定に係る通知等について

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療・治療薬 | 23:19:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。