■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
原告たちが決意新たに、「たくさんいる肝炎患者のために」 大阪 
新町九軒桜堤跡の公園 写真:新町九軒桜堤跡(毎日新聞記事)(友の会事務所近くの大阪厚生年金会館前の公園、50階建てなどのマンションが急増し、この1年ほどで遊ぶ子どもが増えました。)

 31日、大阪地裁で薬害肝炎訴訟の原告38人が国と和解しました。
 原告たちの内訳は、(以下九州弁護団古賀事務局長のブログから)
   肝がん2名、肝硬変9名、慢性肝炎23名 無症候性キャリア4名
   女性33名 男性5名
   フィブリノゲン製剤38名
   投与時期 1966年10月~1991年3月

 大阪地裁における和解成立で、薬害肝炎全国原告団の和解原告数は199名(434名中)になりました。
  大阪 68名
  福岡 56名
  東京 50名
  名古屋18名
  仙台  7名
 ------------------------- 以上


 原告の方々の談話です。
○加地智子さん
 「本当にうれしいです。これから気持ちを新たにして企業との和解協議で原因を追及しようと改めて思いました。二度と薬害を起こさないようみんなで力を合わせていきたい」
○木村美恵子さん
 「この20年間、仕事もできず、病院と縁が切れない生活をしてきました。今後のことを考えて不安だったのでうれしいです。まだまだたくさんいる患者のためにも、これからもがんばっていきたい」(しんぶん赤旗から)

>■31日午後から友の会事務所当番
 地下鉄四つ橋線四ツ橋駅から事務所まで歩きます。途中に厚生年金会館があり、前に公園があります。天気も良く桜も咲いて、公園は子どもたちをつれた家族ずれで賑わっています。

 この日も、電話相談は多く薬害肝炎被害者救済法に関するものが数件ありました。いずれも弁護団からの紹介のものです。証拠がそろわないために裁判ができない患者さんやご家族、どうすればと良いのかとの問い合わせです。患者会に入ってすべての肝炎患者の支援体制を国に求めていこうと入会をお誘いしています。
 インターフェロンの製薬会社から、6月開催分の医療講演会開催についてのご相談も来所されたりお手紙でいただきました。(大阪国際交流センター、新宮市の2件)

 3月もこの日で月末、1か月の入会者は会費入金が確認されたものだけで20人。
 会員総数も1000人を突破する模様です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:28:51 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
滋賀の原告さんが取材に応じて
 毎日新聞滋賀版に、「『元の状態に戻して』薬害C型肝炎訴訟 和解後も心晴れず」で滋賀県在住の原告さんのコメントが掲載されています。
 滋賀肝臓友の会Tさんのブログ「ゆんたく」に紹介されています。
 http://tsumugu.shiga-saku.net/e93327.html

 記事には、
  ------------------------
「隣町の患者が治療を始めた時、中傷がひどかった。『出ていけ』という紙や生卵が投げ込まれたり……。滋賀の保守的な地域性か、いまだに空気感染するという誤解がある」。偏見への不安に家族の介護も重なり、匿名で原告になった後も「何度も辞めようと思った」と打ち明ける。
 今後も、製薬会社との和解協議は続く。女性のウイルスは最も完治しにくいタイプなうえ、アレルギー体質で副作用の不安も大きく、治療開始のめどは立っていない。女性は「常に病気が意識の中につきまとう。いつまで続くんでしょうか」と、つぶやいた。
  -------------
とあります。
 偏見差別や治療薬の副作用、病気そのものによる精神的肉体的苦痛もそうとう負担になっている患者さんは、各地に大勢おられます。原告と国との定期協議で早急に解決へ導いてほしいものです。


2008-04-03 木 10:48:23 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。