■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
日肝協の「おかぶ」奪った厚労省のサイト「新たな肝炎総合対策」
ポコの散歩道 今福1号公園 妻が退職しました。3月に誕生日を迎え兄弟からは還暦祝いが届いています。
 1日中2人で家の中にいる生活の第1日目です。とはいえ、それぞれ多忙な身、1日中家の中にいるわけではありませんが、4月1日に自宅で3食とも夫婦で食べることは結婚以来初めてではないでしょうか。(とはいうものの夜は長男も含め3人で近くのお好み焼き屋で退職祝いの夕食会をしました。おやつには、生クリームたっぷりのショートケーキを奮発。メタボ検診初日に、えらいことをやらかしてしまいました。)

 さて、本論です。
 インターフェロン治療の医療費助成事業が今日から始まりました。
 3月31日日付で厚労省のサイトで「 平成20年度からのインターフェロン治療に対する医療費助成決定」と紹介され、サイト「新たな肝炎総合対策」として掲載されました。
 この標題「新たな肝炎総合対策」をみて?だと思いました。
 日本肝臓病患者団体協議会が取り組んでいる国会請願「新たなウィルス肝炎総合対策の推進を求める」署名運動の標題のおかぶをとったものでは?
 サイトの内容を見ても
 ・インターフェロン治療費助成以外は、???です。
 ・治療法の開発や治療体制の確立は、研究者や自治体任せです。
 ・肝炎患者への相談支援体制も行うとしていますが、これも自治体や医療機関任せになっています。厚労省はガイドラインを定めただけです。

 薬害肝炎九州訴訟の弁護団古賀事務局長のブログで、インターフェロン治療費助成に関して問題点と解決について鋭く指摘されています。

 日肝協の国会請願項目は
1.ウイルス肝炎に対する新しい治療薬、治療法の研究・開発を促進し、早期に健康保険の適用としてください。
2.肝硬変や肝がんに進行したB型・C型肝炎患者に対する治療について医療費支援を検討してください。
3.ウイルス肝炎患者の障害年金制度など生活支援対策を検討してください。
4.全国どこでも肝炎の専門治療が受けられる治療体制を早急に整備してください。
5.ウイルス肝炎患者・感染者のための相談支援体制をつくってください。
6.ウイルス肝炎患者と感染者に対する社会的偏見や差別をなくしてください。

です。
 署名用紙は、こちらからダウンロードできます。ご協力をお願いします。


 厚労省のサイトについて、他にも気になるサイトがあります。
 ①B・C型慢性肝炎の治療ガイドラインが研究班によって策定されているのにサイトに掲載せず広く普及しないこと。
 ②腎疾患対策のサイト 感染予防マニュアルが策定されていることが紹介されています。その中でのB型肝炎ウイルスキャリア対策では
 ○透析施設の従事者
・HBs抗原、HBs抗体、HBc抗体、HCV抗体: 年2~3回施行
・HBs抗原陽性者に対しては、トランスアミナーゼ値を測定し肝機能を把握する。できればHBe抗原・抗体およびHBV DNA量を測定する。
 特にHBe抗体陽性の場合、HBV遺伝子のpre-C変異株が存在し、これに新たに感染した場合、急激に肝機能が悪化し、劇症肝炎を発症することがあるため注意を要する。
・労働条件
 上記感染源とならぬように(1)~(5)の注意事項を守る限り、労働軽減など特別の措置は必要なく、一般健康人と同様通常の労働に従事しうる。
 ただし、最近刊行されたCDCガイドラインでは、HBe抗原陽性者は陰性化するまで、曝露を起こしそうな手技を行わないように業務制限をしている。


 がん対策 がん診療連携拠点病院リストが更新されています。

■大阪府では 機構改革がありました。
 肝炎に関係する部署では、

■健康福祉部 保健医療室
 健康づくり課
  ・生活習慣病・歯科・栄養グループ
        生活習慣病に関すること。
        健康づくりに関すること。
        食育に関すること。
        口くう保健に関すること。
        歯科衛生士法及び歯科技工士法の施行に関すること。
        障がい者の歯科診療に関すること。
        栄養の指導に関すること。
        栄養士に関すること。
    06-6944-6694
  ・がん対策グループ        がん対策に関すること。
    06-6944-6029
  ・疾病対策グループ
        特定疾患対策に関すること。
        ハンセン病対策に関すること。
        臓器移植に関すること。
        肝炎医療費助成に関すること。
    06-6944-7083
  ・母子グループ
        母子保健に関すること。
       母子医療(小児慢性特定疾患治療研究事業・自立支援医療費(育成
       医療)支給事業、未熟児養育医療給付事業、結核児童療育医療給
       付事業)に関すること。
       不妊対策事業に関すること。
       先天性代謝異常検査事業に関すること。
       母体保護法に関すること。
    06-6944-6698
  【資料】大阪府庁 各課各グループの仕事の内容・ダイヤルイン一覧
 4月1日付人事異動では、肝炎対策(フォローアップ事業専門医療機関・協力医療機関の指定、同施設リスト(専門医療機関協力医療機関)、インターフェロン医療費助成、医療機関でのウイルス肝炎検査無料事業がん対策推進計画素案策定、がん診療連携拠点病院対応、がん対策推進協議会などを中心的に担当されていた、M参事、S課長補佐、Y総括主査が移動になりました。総入れ替えです。
 なお、「肝炎フォローアップ事業」をどこが担当するか電話で健康づくり課に聞いてみたのですが、今のところ未定だそうです。
 新しい担当者と懇談する準備も進めなければなりません。


 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ニュース | 23:25:31 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad