■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
より高感度なB型肝炎ウイルス定量検査 日常業務に導入
包近の桃畑包近の桃畑 包近の桃畑で 4月1日よりTaqMan PCR法によるB型肝炎ウイルス検査の定量検査が保険診療で行われるようになりました。
 この検査法の導入により、各検査受託会社では、
  HBV-DNA定量《TMA法》
  HBV-DNA定量《ロシュ/PCR法》
  HBV-DNAポリメラーゼ
の検査は、今年夏頃までに行われなくなります。

 新しく導入されるB型肝炎ウイルス定量検査法は、HBV-DNA 定量《TaqManPCR 法》
 保険点数は、
   検査実施料 290点(D023「3」微生物核酸同定・定量検査)
   判断料    150点(微生物学的検査判断料)

 検査結果の表記 定量結果:1.8 Logコピー/mL未満(定量下限)
            増幅反応シグナル:検出せず



 ※検査結果の表記の注釈
 本法は既存の核酸増幅検査よりも幅広いレンジで測定が可能で、特に定量下限が1.8Log コピー/mL まで拡大したことでこれまで以上に抗ウイルス療法薬の治療効果の判定に有用となります。また、従来法のPCR 法およびTMA 法との相関性も良好です。
 本試薬では、測定値が定量下限未満(1.8Log コピー/mL 未満)であっても増幅反応シグナルが
“検出”された場合は、HBV-DNA が“検出された”ことを表します。測定結果は定量結果と増幅反応シグナルの有無を併せてご報告致します。(三菱メディエンス(株)のお知らせから

 各検査法での検出限界
  TaqManPCR 法 1.8 ~ 8.8Log コピー/mL
  PCR 法      2.6 ~ 7.6Log コピー/mL
  TMA 法      3.7 ~ 8.7 LGE/mL
  HBV DNA ポリメラーゼ 30 cpm ~(6Log コピー/mL~)

 抗ウイルス剤の治療効果や投与を終了する時期の判断などに有用だと思われます。

 【資料】 臨床検査受託会社 SRLのお知らせ

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ニュース | 23:49:42 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。