■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
フィブリン糊を使用した可能性のある施設 公表
友の会事務所近くの新町公園で
 4/11、フィブリン糊が使用された可能性のある医療機関名が追加され公表されました。
 外科手術で使用されたことが多いようです。
 肝臓分野では、肝がんの切除術などです。
 詳細は下記のサイトをご覧ください。
 厚生労働省
  http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/01/h0117-2/index.html
 朝日新聞
  使用した可能性の高い施設名(朝日新聞の記事)
  「『フィブリンのり』使用は556機関か 厚労省が公表」

 新聞記事によると、1980年過ぎから使用患者数が急増し、1987年には2140人にもなったことがわかったと報じています。
 米国FDAが使用中止した1977年以後、旧ミドリ十字は販路を拡大するために薬事承認されていない使用法を外科医を中心に広めたのではないでしょうか。


堺 肝臓病フォーラム 案内 08/05/18 11日、事務所当番でした。日肝協の国会請願「新たな総合的なウイルス肝炎対策の推進を求める」署名用紙が、続々と返送されてきています。
 肝硬変に何度も肝がんを再発される奥様の看病をなさっている旦那さん、生体肝移植後に自己免疫疾患を併発され、入院中の女性から、「署名用紙が足りない」と、追加を請求もありました。募金も100円から10000万円まで、この日だけでもたくさんの方から寄せられました。

 集団予防接種によるB型肝炎訴訟に関する問い合わせも2件ありました。共通した内容は、「B型肝炎訴訟関西弁護団はいつできるのか」です。

 16日には東京弁護士会館で、日肝協と薬害肝炎訴訟原告弁護団との意見交換会の案内も届いています。

 肝臓病市民フォーラム 5/18 堺市民会館の案内も届きました。
         
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:07:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad