■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
薬害肝炎訴訟 企業との交渉 国との協議
薬害肝炎訴訟を支える会大阪NL31 薬害肝炎訴訟を支える会大阪のニュースレター31号が届きました。その1面に気になっていた企業との和解についての情報が掲載されていました。その部分を紹介します。
  -----------------------------
 薬害肝炎訴訟の現状 ~企業との交渉~
              薬害肝炎弁護団

 2007年12月23日の福田総理の政治決断、2008年1月11日の法案成立、同月の15日の福田総理の謝罪、国との基本合意書の締結など薬害肝炎の問題は昨年末から年始にかけて劇的な動きをみせて解決に向かうことができました。
 しかし、これら一連の解決は国との間での解決であり、薬害肝炎の第一次的な責任を負う製薬企業との間では未だに何らの解決もみておりません。
 弁護団は、国との間で解決できれば恒久対策をはじめとした大きなレベルでの解決ができると考え、国との協議を中心とした活動を原告の方々にもお願いをしてきたところです。しかし、第一次的責任を負う製薬企業の責任を放置することはもちろんありません。

 現在、田辺三菱製薬、日本製薬の両社に対して交渉を続けております。
 大阪弁護団は田辺三菱製薬との交渉を担当しており、これまでに5回以上の交渉をしました。
その結果、現在までに、①責任を認め謝罪をすること、②被害実態調査、新薬の開発、再発防止の約束、③被害実態調査、新薬の開発、再発防止のために原告団と継続協議をすることなどが合意できつつあります。
 原告団(各地の世話人の方々や代議員の方々)に状況を説明し、合意内容についてご了解が受けられたならば、近い時期(5月の初めころ)に企業からの謝罪を受ける場を設定し、基本合意書を締結し、訴訟上の和解を行いたいと考えています。
 ------------------ 以上転載終わり


 また、薬害肝炎訴訟原告・弁護団と日本肝臓病患者団体協議会の首都圏のメンバーとの意見交換会が開催されました。
 ・肝炎対策基本法等議員立法の行方-このままでは廃案に
 ・国の肝炎対策と都道府県の対応 情報交換
 ・原告・弁護団と国との定期協議でなにをめざすのか

等々について、午前中1時間半ほどの意見交換を行いました。私も患者会のメンバーとして訴訟を支援し、日肝協の要望書づくりにも関わってきましたので、上京して意見交換に参加しました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:09:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad