■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎を進行させない 肝炎・肝がん地域連携クリニカルパス
淡輪のツツジ 30日、臨時の友の会事務所当番。日肝協の国会請願署名の大阪での締め切り日もあって、たくさんの方から署名が届けられました。
 会員はもちろんですが地域医師会、診療所、薬害肝炎訴訟を支える会大阪の方々など、募金もたくさんの方から協力をいただいています。
 地域医師会の事務局からの署名の期限についてお問い合せもありました。
 その整理に大わらわでした。

 事務所への来訪者もお二人。
 まず、患者のご家族(遺族)、旦那さんが肝がんで7年前にお亡くなりになっています。30年ほど前の交通事故の折に、フィブリノゲンを使われたかどうか調べたいとのことのご相談です。治療を受けた病院はすでにその場所にはないそうです。
 医師会や田辺三菱製薬への問い合わせなど、資料をさがす手段を説明させていただきました。年金と自宅での洋裁の仕事で生活が苦しいこと、長い間、肝不全の夫の看病や介護をされた苦労をお話しになり、家族の苦しみを解決するするための一助にと国会請願署名をたくさん届けてくださいました。


 お二人目はドクター。お仕事終えてから午後6時過ぎにお越しくださいました。
 国の「地域連携パス作成のための研究班」の班員になられたそうです。
 5大がんについて、それぞれの地域連携クリニカルパスを策定するための研究で、訪問者は「肝がん」を担当されます。
 患者サイドの意見を聞きたいことが目的でした。
 クリニカルパス策定の研究に当たっては、「肝がん以前の慢性肝炎~肝硬変」移行期前の患者と家族への支援についてもきちんとした地域連携クリニカルパスを策定し、肝硬変・肝がんへの進行を阻止することを目的としたものを作り、実践する研究にしてほしいと、強くお願いしました。

 あわせて、大阪でのキーマン(ドクター)を幾人か紹介し、ご意見を伺うようにお願いしました。


■地域連携クリニカルパスとは?■

 疾患別にいつ、どのような治療、看護行為が行われるか記載した「治療のスケジュール表」であるクリニカルパスを発展させ、複数の医療機関(急性期から回復期など)で行われる医療の全過程を示したもの。
■地域医療連携パスの目的
 (1)地域医療連携における医療の質の向上と安全の確保
 (2)地域医療連携におけるチーム医療の推進
 (3)患者さんの家族の満足度の向上
 (4)スタッフの教育支援

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:42:05 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad