■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎対策基本法成立のために タイミングよく 国会終盤に 報告感謝のつどい
薬害肝炎訴訟 報告感謝のつどい大阪原告代表 桑田さんが挨拶 写真中央には公明党太田代表の姿も政党の代表が挨拶 17日午後、東京千代田区で「薬害肝炎訴訟報告感謝のつどい」が、薬害肝炎訴訟全国原告弁護団主催で開催され、招かれて参加しました。
 専門家証人、政党、報道関係者、支援の会のメンバーが100人以上参加され盛大に行われました。原告さんたちも全国から参加されていました。

 鈴木弁護団長がまず挨拶にたち、裁判が和解できた3つのご支援があったことを報告されました。
 ひとつ目は、大阪高裁が和解で解決することが望ましいと意見表明されたこと。
 二つ目は、超党派の国会議員の方々が様々な形でご支援いただいたこと。
 三つめは、原告や全国の支援者の活動を始め、418人の生命のリスト問題など大々的に報じていただいて、薬害肝炎ことを大いに世間に知らせていただいたこと。
をあげ、感謝のことばを述べ、医原病であるウイルス肝炎患者全体の救済のために、これからの活動が大切であることを強調され、原告弁護団の活動に一層のご支援を寄せていただきたいと挨拶されました。

和解 原告弁護団が首相官邸で福田総理と面会
 大阪弁護団の青砥弁護士さんが編集された10分程度の映像でこれまでの活動が紹介されました。

 大阪原告代表の桑田さんが、支援へのお礼を述べ(写真左、中)、来賓として出席された専門家証人の大林先生(ドクター)、政党の代表 共産党志位委員長、公明党太田代表、自民党萩生田議員が挨拶され、それぞれのお立場から「肝炎対策を超党派で!」と強調されました。(写真右)
 国会の会期末に、与党の代表がお一人でも出席されたことは、大いに励まされました。
 



松薗磨友未さん九州肝臓友の会 木戸事務局長さん原告団の謝辞と決意を述べる山口代表 その後、歓談の時間があり、松薗磨友未さん(オペラ歌手)の歌。(写真左)
 各地の支援者の紹介と挨拶(写真中)があり、仙台、名古屋、九州では、患者会の代表の方がスピーチされました。
 肝臓病患者団体を代表して、日本肝臓病患者団体協議会の高畠事務局長が、原告さんたちの労をねぎらい、薬害肝炎被害者救済法の成立、インターフェロン治療費助成、医療機関での肝炎ウイルス無料検査などの肝炎対策が始まったことが、薬害肝炎訴訟の和解の成果であること、今後の「肝炎対策基本法案」などの行方にも大きく関わっていることなどをあげ、患者会としても大いに励まされていることなど謝意を述べました。
 最後に、山口原告団長が謝辞を述べられ、つどいが閉じられました。
 原告さんたちの、これからの活動への決意は、目標が高く、今後の国会への働きかけや、厚生労働大臣との定期協議(と付随する作業部会、検証会議)を進めるなど、原告団としての闘いが続くことを考えると、「支える会」もその役割が重要であることを認識したつどいでした。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:58:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad