■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎治療戦略会議
晴海から月島方面をのぞむ 厚労省開催広報「肝炎治療戦略会議の開催について

※ 医療介護情報「CBネットニュース」が、5月27日に初会合がもたれた「肝炎治療戦略会議」の内容を報じています。

 ●記事 厚労相「7年後に肝炎の根治を」
 この報道によれば、この会議で
  -------------------------------
・舛添要一厚労相があいさつし、「肝炎対策にとって、新たな治療法・治療薬の開発が急務だと思う。肝疾患の専門家である皆様の英知を結集して、どのような研究をすればいいのか、そして7年後には根治可能な疾患となるよう、肝炎研究7カ年戦略を実施していきたい」と述べた。

・厚労省(事務局)から、「肝炎研究7カ年戦略」の項目案を示した。





 戦略会議のメンバーからは、下記の意見が出たことを報じています。
●患者の高齢化が進んでいる。これについては、「大規模な治験をゆっくりやっていては間に合わない。治験体制の充実はもちろん、審査の迅速化も必要」。
●「肝硬変は慢性肝炎の延長上にある疾患で、海外では一つの疾患として扱っている。慢性肝炎に認められている薬は肝硬変でも認めるべき」。
●保険適応で、リバビリン併用を含むインターフェロン療法は健康保険の適応になっているが、組み合わせや期間が保険で限定されており、それが「足かせ」になって不自由な治療をせざるを得ない場面もあることなどから、「制度の弾力的な運用を」。
●肝がんについては、いかに再発を防止するかが課題。
●C型肝炎の治療は、「日進月歩で、専門医でなければ標準的な治療を維持していくのは困難との指摘」。「連携ということがいわれるが、ことC型肝炎に関しては専門医がかなりコントロールしないと駄目な状況に来ている」。
●B型肝炎の治療では、「日本の場合、キャリアのほとんどは母児感染であり、また遺伝子型が特異であるなど独特。日本だけできちっとしたものを作った方が有効だ」。

------------------------
など。

 その他、肝臓に関するニュースを紹介します。

◆採血器具使い回し問題、全国調査へ
 ・オーマイニュース
 
 ・「採血器具使い回し、6月末にも厚労省が調査結果発表へ」 読売新聞(08/05/28)
  
 ※この2、3日で島根で発覚したあと、奈良、徳島でも同じようなケースがあったと報じられています。

◆薬害肝炎事件の検証及び再発防止のための医薬品行政のあり方検討委員会(第1回)議事次第

◆5月26日 第1回都道府県がん診療連携拠点病院連絡協議会 13:30~
16:00 三田共用会議所講堂 国立がんセンターがん対策情報センター 公開

平成20年4月から特定健康診査・特定保健指導が始まります!
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ニュース | 23:59:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。