■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インターフェロン治療費助成 申請処理は?
汐見橋(大阪市浪速区幸町)で インターフェロン治療費助成制度の審査処理について、肝炎患者さんや薬害肝炎弁護団から問い合わせがありました。
 お問い合せのの一例を紹介します。

 4月末に申請したにもかかわらず、医師が作成する診断書に不備があって、5月下旬に行われた「審査会」で差し戻され、書類の訂正後に6月下旬の「審査会」にかけるので、申請結果の通知はそれ以後になるというのです。
 患者にとっては、医療費助成されるのかされないのか結果がわからないので、インターフェロン治療を始められない。
というものです。



 府の担当者や保健所で窓口担当をされている方に問い合わせてみると、新しい事業で開始当初でもあるために、診療現場も含め事務処理に戸惑っておられるようです。
 大阪府の場合、難病対策を担当されている健康づくり課疾病対策グループが事業実施事務を担当され、保健所でも難病担当事務員らが事務処理(受付、書類の確認、相談など)を行っておられるようです。
 これから、難病(特定疾患)の医療費助成の事務作業も重なり、業務は繁忙を極めるのではないでしょうか。
 事務処理要員の増員を求めたいところですが、橋下知事による厳命、事業費の10%カットは肝炎対策事業も例外ではありません。

 350万人肝炎患者の支援策、様々なところへ、働きかけなければ、そして患者がもっと声を上げなければ、実現しそうにない、ほんの氷山の一角のような今回の患者さんからの問題提起。厚労省も重く受け止めていただかなければなりません。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:26:33 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
心ある対応
 全てが事務的に処理しようとするからそういうことが起きるのだと思うのです。若し、申請を受けた職員が、その場でこの申請書の不備を見つけて申請者に伝えたならば、もっと早く解決出来たと思います。対応する職員に申請者の立場にたった心ある対応をお願いしたい。
 もっとも私が申請した健康福祉センターの職員さんは、同じような医師の不備を、自分で医師に確認し、訂正しておきますと答えて頂いた。こういう方もおられるので、一概には言えませんが....
 今、全国で問題となって、厚労省も調査を開始した血糖値採血器具使い回しのことに関しても、同じことが言えるのかもしれません。こういった器具を認可したときに、直ぐにウイルス感染の危険性について通達を出して、使い方の徹底をはかっていれば、このようなことは未然に防げたのではないかと思います。針と筒を変えない医療行為が、ウイルスに感染する危険性があるとの医学的知見が昭和27年には確立されていたのですから。
 命の問題に多く関わる厚労省の職員は、この薬やこの器具が、安全にしかも安心して使ってもらえるには、どうしたらいいのだろうと常に考えながら、「心ある仕事」を遂行して頂きたいと思います。
2008-06-04 水 10:18:34 | URL | tomoyan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。