■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新潟や鹿児島の患者たちが なかまを募り声を上げ始めた
ポコの散歩道 薬害肝炎被害者救済法が成立し、フィブリノゲンなど止血因子製剤が投与されたことが証明できる患者は、裁判所の認定を得て国と和解作業を終えて、損害賠償金が支給されます。

 しかし、カルテなど証拠や証人が見つからず、法律の対象にならない患者たちが、全国で救済を求めて声を上げ始めています。
 新潟では、600人が「「カルテのない薬害C型肝炎の全員救済を求める新潟の会」を結成し、国会議員や厚労省に要望書を提出しました。

 毎日新聞(08/05/28)「薬害C型肝炎:カルテなく救済されない患者 法律、制度確立を--「新潟の会」要望へ」(web魚拓)

 鹿児島でも、「薬害C型肝炎問題に取り組む県民の会」の結成を7月21日に行う準備を進めています。
 読売新聞(08/06/)「薬害肝炎県民の会設立へ 来月21日総会

 C型肝炎患者が全国でこのような活動に参加されれば、国の患者への支援策も抜本的に前進する大きな力になります。



 6日、大阪肝臓友の会の事務所当番でした。この日も尼崎や大阪市内に在住の薬害肝炎被害者救済法による救済を受けるべく証拠探しをしておられる肝硬変や肝炎患者(友の会会員)さんが、3人事務所に来られました。
 新潟や鹿児島の活動をされている方と連絡を取り合い、大阪でもカルテ(証拠)のない患者をサポートする活動をしたいと相談を受けました。会報「友の会だより」への掲載用の原稿まで持参され、その熱い情熱に圧倒されました。
 会報への原稿については、ご相談の中でいくつか手を加え、他のメンバーの合意も得て、届けていただくことになり、会の役員さんともと相談しなければなりません。

 彼女らの今後の活動に期待しながら、私個人としても応援したいと思っています。

※6/3~4にかけて高かった血圧(115-178)は、6日は、90-148(家庭用電子血圧計)まで下がりました。
 ひとまずほっとしていますが、来週は診療所での診察です。
 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:53:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。