■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
医師会主催の講演会で C型肝炎は免疫の病気でもある?
医師会主催の講演会 7日、地元のシティープラザ(市の複合施設)・保健福祉センターの研修室で肝臓病講演会が開催されました。あいにくと小さい部屋しか準備できず、市の広報等には掲載されず、定員40人にはわずかに満たない聴衆です。
 医師会長びご挨拶では、「それぞれの病気について診察室で詳しい説明をすることが難しいので、今回のような疾患毎の講演会を数多く行っていきたい。希望があればどしどし医師会事務局に伝えてほしい」とご挨拶されていました。
 医師会長さんは、今春就任された新会長さんで、古くからある都市整備機構の大きな団地で開業されている内科・小児科医です。

 続いて、この日のメイン講演である「C型肝炎の自然経過と治療」について、都市整備機構が新しく開発した団地で開業されている泉谷医師が講演されました。
 先生は、C型肝炎ウイルスとその感染、感染に伴う免疫の動向とそれに伴う合併症について、相当時間をかけてお話しされました。
 なぜ、インターフェロン治療が行われるのか、開発されていて次に登場するであろう新薬(酵素阻害剤)は、ウイルス排除を目的とする薬ではなく、ウイルスの増殖を抑えるためのもので、排除をめざすためには、インターフェロンと併用しなければならないことなどについて、説明されました。



 泉谷先生は、講演の最後に、「私たち開業医と専門医(病院・診療所)が、連携してウイルス肝炎の治療に当たることが大事」と説明され、講演後の質問に答えて、
 ○ご自身の患者さんの治療体験の中に、肝硬変患者でもインターフェロンによって、ウイルスが排除されれば、肝機能は急速によくなり、線維化も消失してくること。
 ○当市内だけでは、病診連携の専門医療施設は少なく、隣市の総合病院とも連携しなければならない実情について触れられました。

 保健所の説明
 保健所からは、地域保健課長さんが、「大阪府の肝炎対策と肝炎フォローアップ事業」について説明。
 ・無料のB・C型肝炎ウイルス検査を医療機関委託で行っている。
 ・肝炎フォローアップ事業では、B・C型肝炎患者・キャリアの方の病診連携での治療体制を作り、患者の相談を保健所の保健師も担当している。
 など説明され、保健所も肝炎患者の療養に一定役割を果たしていることを紹介されました。

 つづいて、「インターフェロン治療費助成事業」を担当されている事務の方から、説明がありました。
 4月から5月末までの助成申請件数が98件であったこと。
 4月に申請されたもののうち、審査会をとおり、6月に「医療費受給者証」が交付される件数は21件であることも報告されていました。
 申請から決定までに時間がかかっていることをわびられ、制度の内容も含めて改善が必要だと感じていることを説明されていましたが、国の制度なので困っていることなども述べていました。
 府全体の5月までの申請件数が約1200件からすると、この保健所での申請件数が府の平均(人口割り)からしても突出しているようです。
 肝炎診療に当たっておられるドクターも患者さんに申請すること、インターフェロン治療を積極的の進めておられることがうかがえます。

 講演が終わってから、参加されていた薬害肝炎訴訟原告の桑田さん、友の会副会長のSさんとお茶をして、薬害肝炎訴訟被害者救済法の対象にならない(証拠のない患者)へのサポートについて、現状(会員からの相談)を報告し、今後の対応についてそれぞれの立場から考えていただきたいことをお願いしました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:19:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad