■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
府のがん対策で 『府維新』プログラム案に もの申す
 このブログの6日付で「大阪維新」について触れました。
 13、16日と府議会各会派(民主・共産・府民ネット・公明)の議員の方々に面会し、がん患者団体の協議体である「大阪がん医療の向上をめざす会」の要望書を届け、懇談しました。私は16日の公明党の議員との面談から参加。
 大阪府のがん対策推進計画の策定とがん対策の前進を求めるためです。
 また、18時からはがん対策グループの担当者とも面談、今後の予定などについて教えていただきました。

 府のがん対策推進計画策定のスケジュールは
 ・7月大阪府議会
 ・大阪府がん対策推進計画案に対する府民からのご意見募集
  (パブリックコメント)7月実施予定
 ・がん対策推進計画策定(府議会終了後?)
となるようです。

 大阪がん医療の向上をめざす会では、下記の通り「大阪府がん対策推進計画案」とパブリックコメントについて、勉強会を開催します。
 ○ と き  2008年6月29日(日) 13:30~16:30
 ○ ところ  大阪市立総合生涯学習センター 5階 第1研修室
 ○ 内 容  1. 「がん対策推進計画」って?
         2. 大阪府がん対策にあなたの願いを
            -がん対策推進計画に対してのご意見募集- にあたり
 ○ 講師・アドバイザー/ 埴岡 健一氏
           (特定非営利活動法人日本医療政策機構 理事 )
 ○ 費用  無料
 ○ メール:osaka@mezasukai.info(大阪がん医療の向上をめざす会まで)
にてお申し込み下さい。定員100名に届き次第、締め切らせて頂きます。



 大阪府維新プログラム案へのご意見募集に対して、大阪がん医療の向上をめざす会で以下の意見を届けました。

【意見・提言】 「府のがん対策事業に関連して」  
 日頃は、私たち府民のためにご尽力賜り感謝申し上げます。私たちは、府下のがん患者団体の協議体です。昨年から、大阪府がん対策推進協議会の患者委員を輩出し、大阪府がん対策推進計画素案づくりに参画してまいりました。患者・家族(遺族)の立場から府におけるがん医療の向上をめざすために、がん診療に関わる医療機関関係者との懇談なども行ってきました。これらの活動を通じて、全国一といわれる「がん」の罹患率や死亡率を改善したいという願いからです。
 私達は、下記1から4の事項につき、充分な予算付けのもとに施策が立てられ、 実施されることを強く求めています。
 つきましては、今年度の本格予算策定に当たっては、下記の事項についてご高配、こ尽力をくださいますよう、お願いいたします。
 1.がん対策・医療の施設間、地域間格差をなくすための調査と対策
 2.がん医療に携わる医師の確保
 3.成人病センター建て替え促進
 4.大阪府独自のがん診療連携病院の指定

 このたび大阪府は、『大阪維新』プログラム(案)を発表しました。この財政再建プログラム案で、予算が廃止・見送り・縮減される「がん対策」に関連するものを抜粋しますと、
  ・ 地方独立行政法人大阪府立病院機構運営負担金の縮減(人件費や機材購入)
  ・ 大阪府がん診療連携病院事業の廃止
  ・ がん医療充実強化事業の廃止
  ・ がん対策推進事業の縮減
  ・ 医師確保総合対策事業の見送り
  ・ 女性医師確保総合対策事業の廃止
  ・ 健康科学センター・大阪がん予防検診センター事業運営費の縮減
  ・ 大阪府立成人病センター整備調査事業費の見送り 
などがあります。
 私たちがん医療の向上をめざすもの達は、大阪府財政の危機的状況にありましても、財源をやりくりして、国の協力も得て、がん対策基本法に則って国が進めるがん対策と連携した大阪のがん医療の推進で、健康都市大阪を作り上げていただきたいと強く願ってやみません。
以上
スポンサーサイト
患者会 | 23:27:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。