■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
大阪府のがん対策推進計画案 勉強会
大阪のがん対策に求められるもの大阪府のがん対策費は府民一人当たり 29日午後、大阪市立総合生涯学習センター(梅田)で、大阪がん医療の向上をめざす会の勉強会「大阪のがん対策にあなたの願いを-大阪府がん対策推進計画案勉強会」を開催しました。
 6月に入ってから短い準備期間でしたが、がん患者、家族、がん相談支援センターソーシャルワーカー、がん診療連携拠点病院緩和ケアチーム医、小児がん治療医、がん登録担当者など50人あまりが参加し、大阪のがん対策推進計画案と大阪に求められる「がん対策」について学び、グループに分かれて話し合いました。
 講師に招かれた埴岡氏(医療政策機構理事・がん政策情報センター長)は、府民一人当たり3.6円で、島根県の100分の1以下だと指摘、がん罹患率や死亡率が全国レベルで最悪のレベルを改善するためには、あまりにも少なすぎる額だと強調されていました。
 


 開会に当たって、大阪府がん対策推進協議会会長の今岡真義氏が挨拶され、埴岡さんの講演を聴いておられました。
 講演後の第2部では、7つのグループに分かれ、「緩和ケア」「患者支援・情報提供」をテーマに話し合い、その結果を報告し合いました。

 大阪府では、「府がん対策推進計画案」について、パブリックコメントの募集を行っています。この日の勉強会や話し合いが、パブリックコメントを出すきっかけを作ったと思っております。
 また、小児がんの治療に当たっておられる親御さんも参加され、めざす会の活動の幅が広がるきっかけにもなりました。

 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:55:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad