■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
C型肝炎治療薬 続々と新薬の研究が
大阪府・日本肝臓学会主催 肝臓病公開講座大阪府・日本肝臓学会主催 肝臓病公開講座  5日(土)、大阪商工会議所・国際会議ホール(大阪市中央区)で「ウイルス性肝炎・肝がん、あなたのための最適な治療法を選択する」をテーマに大阪府・日本肝臓学会・シェリング・プロウ(株)共催で開催されました。
 B型肝炎の最新治療では、エンテカビルは、e抗原陰性、ウイルス量が検出限界以下でALTが基準値以内を2年間維持できれば、服用が中止できる症例も出てきていると説明されていました。
 C型肝炎では、新薬が現在20種くらい開発され、VX950がペグインターフェロンとの併用で治験が開始され、早ければ2年から5年で治療薬として登場するかもしれない、しかし、前進に皮膚炎がでるのどの副作用もあるために治験投与期間は3か月に制限される模様だとのことでした。
 肝がんの早期発見では、①造影超音波検査と造影MRIの技術がめざましく進歩してきていること、②一方、C型肝炎患者が高齢化してきていること、70歳代の女性での肝発がんが顕著になってきている。③高齢者のC型肝炎患者の病期の進展のスピードが速いこと、④C型肝炎では、ALT値が基準値付近で低値でも、慢性肝炎~肝硬変への階段は徐々にではあるが登って行っているので、専門医とインターフェロン治療の検討をすべき。
などが説明されていました。
 講演の後、講師の先生方によって、参加者からの多くの質問に1時間程をかけて丁寧に答えておられました。

 エジプト発の住血吸虫の駆虫薬がC型肝炎ウイルスの排除に効果があるとのニュースについても質問があり、この日の説明では、日本での臨床試験も検討してはというお話も持ち上がっているという説明がありました。今後の動向を注目したいです。


小学校で開催されたサタデースクール「ゴム銃づくり」 午前中は、小学校で開催されたサタデースクール「ゴム銃づくり」教室のボランティア。
 保護者も含めて50人を超える参加で盛況でした。
スポンサーサイト
患者会 | 23:53:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad